芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

16taguchi-top.jpg

 9月1日に芸能活動を再開すると発表した元KAT‐TUN・田口淳之介。6日発売の「女性自身」(光文社)の直撃インタビューに応じ、再始動に至った経緯や、女優・小嶺麗奈との交際について語っている。

 田口は今年3月末でグループを脱退し、ジャニーズ事務所からも離れて休業状態に。知人のSNS上でファンに近影を“お披露目”していたが、9月に入ってファンクラブの設立と11月にシングル「Hero」を発売すると発表した。そんな中、「女性自身」は田口のプライベート姿をキャッチ。オフィシャルサイトを開設した1日の夕方、小嶺と都内の住宅街を歩いていたそうで、そのまま車で東名高速道路方面へと走り去っていったとか。同誌には堂々と並んで歩く2人の写真が掲載されている。

「同誌によると、田口は前日の8月31日に都内ホテルのラウンジでスタッフらしき男女と『動画で何か展開できないですかね……』などと仕事の打ち合わせをしていたそうです。また、9月2日に同誌の記者が田口を直撃すると、戸惑った様子を見せながらも取材に応じたとか。ジャニーズ退所時は、その後について『まったく考えていませんでした』と明かした上で、『今回の件が決まったのは本当に最近のことなんです。ここ1カ月くらいでしょうか。トントン拍子に決まっていって……。いまは個人事務所ですし、インディーズでやっていくことになります』などと、コメントしています」(ジャニーズに詳しい記者)

 田口は11月にリリースする新曲の作詞を手がけているそうで、現在の夢は「とにかくライブをやること」だと同誌で明かしている。さらに、小嶺の妊娠説や、彼女の実家がある熊本へ「拠点を移す」という一部報道に関して聞かれると、「いえ、僕はずっと東京にいましたよ。彼女とも変わらず付き合ってはいますが、僕は今でも独身です。それに、彼女は妊娠していませんよ」と、キッパリ回答していた。

 その小嶺も彼の活動再開を応援しているというが、現段階で順風満帆とは言えない状況だ。一部ファンからは復帰に歓喜の声が出たとはいえ、亀梨和也、上田竜也、中丸雄一の3人となったKAT‐TUNは5月1日に東京ドームで行ったコンサート『KAT‐TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR“10Ks!”』をもって、充電期間に入っている。そのため、グループを応援するファンの多くが田口の復帰に難色を示していた。

 また、ファンの間ではオフィシャルサイトについても疑問視されている。ファンが解析したところ、KAT‐TUNが充電期間に入った5月2日にドメインを取得していることが判明し、「KAT‐TUNが充電に入った瞬間にドメイン取得って、なにそれ」「よりによって5月2日にしてるのが悪質……最初からソロ活動するために辞めたんだね」と、非難が巻き起こった。

「どのサイトにも、アクセスを誘導するために検索で引っかかるような重要キーワードが設定されているものですが、田口のサイトには『KAT‐TUN,カツン,勝運』や、赤西仁や田中聖の名前、KAT‐TUN時代の曲名を埋め込むなど、古巣の“恩恵”にすがるようなワードが並んでいます。ファンからも『KAT‐TUNを利用してる』という声が出てしまい、田口の評判は下がるばかり。一方で、サイトの構成を詳しく見ると、使用しているシステムは最新のものですが、このようなキーワード設定の仕方は素人レベル。少なくともプロが関わっているとは思えない作りのため、田口に近い関係者が試行錯誤で運営しているのかもしれません」(同)

 田口は前述の直撃取材で、再開に向けて始動したのは「ここ1カ月くらい」と話していたが、サイトだけは非公開ながら早々と立ち上げていたということなのだろうか? 同誌では彼女との“今後”についても言及しており、私生活を含めて田口の動向に注目が集まる。


オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!