[連載]ヤリチン卒業!! 叶井俊太郎の子育て奮闘記

音響やデザイナーのパパたちが集結! 「オヤジの会」の手作りきもだめしに、小学生がビビりまくり

kosodateillust226.jpg
(C)倉田真由美

 小学1年生の娘ココの夏休み最後の日曜日、有志メンバーによる「オヤジの会」主催の「きもだめし&花火大会」が開催されました。オレはこのイベントのために、4月から月イチの打ち合わせに参加してきたんです。

 ちなみに3回ほど打ち合わせに参加しましたが、オレ以外の1年生パパは誰も来ない! というか、「オヤジの会」に参加している1年生パパは、オレを入れて3人だけ! 1年生全体で80人もいるのに。何人かのパパを「オヤジの会に入らない?」と誘ってみたんですが、みなさん「仕事が忙しい」とか「人付き合いが面倒くさそう」とおっしゃる……。オレが何度も「子どものためですよ!」と言っても、どなたも参加してくれない……。ちなみに参加している2人の1年生パパですら、1度も打ち合わせに来ていません。

 きもだめし当日は、午後7時からの本番のため、3時に会のメンバーと小学校で合流。オレが考えた仕掛けは、黒いビニール袋に新聞紙を詰め込んで、その中に乾電池で動くぬいぐるみを入れる。それをガムテープでぐるぐる巻きにして、真っ暗な廊下に無造作に置いておくというもの。ぬいぐるみがウィンウィンと動いて、ゴミ袋の中に「なにかいる!」って思わせるもので、これはマジで恐い! 実際にやってみたらオレでさえ恐かった!

 もう一つは、ココが持ってる100円ショップで買った“リカちゃん人形もどき”10体を裸にし、首にヒモつけて天井から子どもの目線の高さにくるように吊るすというもの! 子どもたちは暗闇の中で得体の知れない人形を見てビビる! というものです。

 この2つのためにハサミ、ガムテーム、ビニール紐、黒ゴミ袋をカバンに入れて小学校に向かう。「オヤジの会」で打ち合わせをしてると、1年生パパが1人来てくれました! 聞くとココと同じクラスじゃないですか。1年生パパがオレだけじゃなくてよかった、さすがのオレも1人じゃ心細いですからね。

 きもだめしは1・2年生コース、3・4年生コース、5・6年生コースと3つあるので、それぞれの廊下の窓ガラスに段ボールを貼り付けることから、準備がスタート。この辺りは夜になっても周囲のマンションや民家の灯りがあるので、廊下が真っ暗にならないんですよ。なので、窓に段ボールを貼るんですが、これがマジで大変。力仕事で汗まみれですよ! 子どもたちのためにオレはがんばりましたよマジで!

 その後、各々持参したグッズや仕掛けをセッティング。オレは人形とビニール袋を仕込みました。各コースの入口にはCDデッキを設置し、おどろおどろしい効果音を流すんですが、合間に「ギャー!」とか「ここに入るな!」とか、オバケの声も入ってる! 「この効果音はどうしたんですか?」と聞くと、音響の仕事をしてるパパがいて、わざわざ作ってきてくれたんだとか。さすがプロ、すごすぎる! この音だけで子どもたちは恐がるかも。

都会のパパさんは幅広い職業なんだな……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  11. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  12. 新春ジャニオタ放談
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー