[ジャニーズツッコミ道場]

「ニヤニヤ」で誰よりも輝いた、「上田ジャニーズ陸上部」諸星翔希という存在

moro-shock.jpg
『SHOCK』では屋良っちのニヤつきに負けを喫した諸星

 今回ツッコませていただくのは、9月3日放送分『炎の体育会TV2時間SP』(TBS系)から「上田ジャニーズ陸上部 真夏の強化合宿」。

 ジャニーズ陸上部の「監督」を務めるKAT‐TUN・上田竜也を筆頭に、ジャニーズJr.の菅田琳寧や長妻怜央、鈴木舜映ら部員8名が、砂浜特訓や落差20mの滝修行、全216段の石段ダッシュなど、地獄のトレーニングに挑戦するというもの。

 冒頭から海に向かって熱い思いを叫んだり、過酷な連続ダッシュで吐いたり倒れたりする者が出たりと、時代錯誤にも見えかねない「根性論」ぶりに反感を持たれないかと、途中までは少々不安だった。

 だが、終わってみると、ネット上には「感動した」「号泣した」「ジャニーズに興味ないけど、上田はカッコいい」「上田くん好きになった」などの好意的な声が圧倒的多数。その理由の1つには、「鬼監督」の上田自身が、年齢が半分くらいのJr.たちの誰より休まず、誰より声を出し、砂浜のダッシュも誰より速く、滝行も誰より長くやってのけていたことがある。

 また、「周りをよく見ろ」と何度もチームプレイの大切さを説きながら、現在充電期間中のKAT‐TUNとファンに対する自身の熱い思いを、真っすぐピュアに語っていること。地獄の練習の果てに、Jr.たちみんなが達成感でイイ顔をしていること。ついでに、30代の上田のビジュアルが一番ジャニーズっぽくツヤツヤだったことや、本来は全然「鬼」キャラじゃない上田が頑張って後輩たちを率いていることも、ファン的には胸が熱くなるポイントだったろう。

 絶対的エースの菅田がいて、ライバル関係の長妻がいて、負けず嫌いで誰より必死に努力を重ねる鈴木がいるという構図も、まるでスポ根マンガのよう。おまけに、フワフワ天然キャラに見えた菅田が、いつからか精悍な美しいゴリラ化しているし、長身小顔でシュッとした薄顔の長妻、まつ毛が長く色白の鈴木と、ビジュアル的バランスも良い。

 そして、この日、誰より輝いていたのは、「ニヤニヤリーダー」の諸星翔希だった。

 なにせ諸星といえば、6月に放送された同番組の「陸上部オーディション」で、上田に「ニヤニヤしてんじゃねえ!」「ニヤニヤすんなって!」と激怒された人物だ。そこには、「芸人さんやタレントさんが、必死に練習して勝ち取っている“陸上部枠”だから(ニヤニヤするな)」という上田の熱い思いがあったゆえだが、以来、諸星は街を歩いていても「ニヤニヤしてんなよ」と声をかけられると言う。

なぜか諸星から目が離せないサイ女である

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  9. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  12. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  13. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに