芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

J-gene1610.jpg
「J-GENERATION」2016年10月号(鹿砦社)

 ジャニーズ専門グラビア誌「J-GENERATION」(鹿砦社)。2016年10月号の表紙&巻頭特集はKis-My-Ft2で、 “コンサートロス”のキスマイファンにとっては充実の内容となっている。

 8月に、デビュー5周年の節目を迎えたキスマイ。7~8月にかけて4大ドームツアー『Kis-My-Ft2 CONCERT TOUR 2016 I SCREAM』を開催したが、今号では7月1~3日に行われた京セラドーム大阪公演をレポートしている。まずは序盤から、黒を基調としたクール系の衣装や、カラフルな衣装に身を包んだ集合カットをお届け。“オオカミの耳”を付けてパフォーマンスするキュートな7人や、対照的に真剣な眼差しで和太鼓を叩くメンバーの姿も。

 また、セルフプロデュースしたという個性的なソロコーナーもそれぞれレポートしているほか、キスしそうな距離まで接近する横尾渉&玉森裕太、肩を組んで笑顔を見せる玉森&宮田俊哉、藤ヶ谷太輔の肩に寄りかかる横尾など、メンバー同士の“わちゃわちゃ”を楽しむことができる。3日のMCレポやソロページも完備した20ページ超えの大特集だけに、キスマイファンは必見だろう。

 キスマイに続いては、「『ARASHI “Japonism Show” in ARENA』総まとめ」をご紹介。こちらは8月10日に終了したアリーナツアーの写真とMCハイライトを載せたもので、仲の良い嵐ならではのアットホームな雰囲気が感じられる特集だ。たとえば、メンバーの睡眠時間や、相葉雅紀のミス、大野智が主演を務めた春ドラマ『世界一難しい恋』(日本テレビ系)でのベッドシーンなど、複数のトークをおさらいしている。読んでいるだけで思わず笑みがこぼれてしまうほど、読み応えはバッチリ。

 7月末から『関ジャニ∞リサイタル 真夏の俺らは罪なヤツ』を開催中の関ジャニ∞の特集では、グループの音楽活動をフィーチャー。関ジャニ∞といえば、錦戸亮がギター、大倉忠義がドラムを担当するなどバンドスタイルでパフォーマンスを行うこともあるが、今回はメンバーと音楽に関するエピソードを振り返っている。サックスを手にする錦戸、トランペットを吹く横山裕をはじめ、テレビではあまり見ることができない写真にも要注目。

 今月号には、山下智久の特集「『THE BEST LIVE TOUR 2016 FUTURE FANTASY』フォトギャラリー」も。山下にとって約2年半ぶりとなったソロツアーのレポートで、ギターを弾く姿や、黒いシックなスーツでキメるカットなどを大放出。思わず、“人類のキセキ”という呼称に納得してしまうようなビジュアルの良さをじっくり堪能してほしい。また、山下ファンは、巻末にある「懐かしMCプレイバック! Vol.18 山下智久」もお見逃しなく。

 さらに今号は、8月27~28日に放送され、NEWSがメインパーソナリティーを務めた『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)の特集も。連載の「ジャニーズ基礎のキソ」は「Vol.28 24時間テレビ 記憶に残る名シーン・名企画」と題してジャニーズ勢の活躍を振り返り、「『24時間テレビ』放映直前企画『NEWSの笑顔の秘密に迫る!』」では、NEWSメンバーの軌跡を紹介。個々のキャラクターや役割を徹底解説した上で、波乱のグループ活動にも触れている。NEWSの歴史を知りたいファンにはぜひチェックをオススメしたい。

 このほかには、「進化するジャニーズWEST デビュー3年目! いい男にグレードUP!」や、Kis-My-Ft2と嵐の両面ポスター付きという豪華な「J-GENERATION」10月号。夏のジャニーズイベントに参加できなかった方も、コンサートの余韻に浸りたいファンも、すべての人が楽しめる1冊だ。

■立ち読み・購入はこちら

【このカテゴリの前後の記事】

関連記事
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!