【連載】永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報16

民進党代表選挙は出来レース 華やかな経歴とオーラ、資金力で勝利!?

renho1_mini.jpg
蓮舫公式サイトより

 国会議員秘書歴20年の神澤志万と申します。セクハラ、パワハラ当たり前! 映画もテレビドラマもかなわないリアルな国会とその周辺について、現役議員秘書が暴露します。

■民進党の代表は蓮舫議員に

 民進党の代表選挙が9月2日に告示になり、蓮舫参議院議員、前原誠司衆議院議員、玉木雄一郎衆議院議員が立候補しました。正直、永田町では当事者以外は関心がありません。皆さんはいかがですか?

 だって、今回は最初から蓮舫議員が代表になることが決まっていましたからね。15日の臨時党大会で淡々と結果が報告されるでしょう。

 それにしても、蓮舫さんは世間からは人気がありますね。民進党初の女性の代表ということに加え、元キャンギャルという華やかな経歴も魅力なんでしょう。実際、蓮舫さんは目立ちます。体にフィットしたスーツをまとい、高いヒールで颯爽と歩いている姿は、カッコいいです。わかりやすく、歯切れのいい話し方にも好感が持てます。

 国会は、年齢を重ねるごとに体つきがまん丸になっていく女性議員ばかりなので、元女優の三原じゅん子参議院議員と並ぶくらい綺麗オーラがあると思います。

■選対事務所の場所で資金力がわかる

 少し前まで代表選挙といえば、高級ホテルの中に選対事務所が用意され、秘書は泊まり込みで票の取りまとめをするものでした。その選対ごとに懇意にしているホテルが違い、ホテルマンのサービスの度合いで、どのくらいの資金が用意されているのかをうかがい知ることができたのです。党内の関心も高く、新しい代表とその派閥の党内での力関係で、自分たちの立ち位置も左右されるかもしれないという緊張感がありました。

 蓮舫さんの支持母体の野田(佳彦元首相)グループは、国賓が宿泊するレベルのホテルに選対を構えたのに対して、前原さんは紀尾井町の古いビルの中の貸会議室を借りて頑張っているみたいですから、資金力の差は歴然とわかりますね。

 民主党時代の代表選挙も、鳩山由紀夫さんが代表選挙に出馬されていた時などは、何かと豪華でしたね。小沢(一郎)グループの選対もなかなかリッチで、多忙ながらも恵まれている環境でした。

 それにしても、センセイ方はそれぞれ事務所があるのに、なんでわざわざホテル? と思われるかもしれません。これにはいくつか理由があります。ホテルは出入り口がいくつかあるので、コッソリ抜け出して密談もできますし、マスコミがたくさん来ても対応しやすいのです。また、レストランや売店があって、生活に便利ということもあります。

■ますます自民党政権が盤石になる

 読者の皆さんは意外に思われるかもしれませんが、残念ながら、蓮舫さんの評判は、国会議員にも、秘書にも、官僚にも、そして党職員からもよくありません。霞が関界隈のタクシーの運転手さんの1人は「(蓮舫さんは)とにかく威張ってるからニガテ。運転手の仲間内では『乗せたくない議員ナンバーワン』だよ」と言っていました。本人に、そのつもりはないのかもしれませんが、なんか「威張っているだけ」の印象なんですよね。

 蓮舫さんが民進党の代表になれば、きっと党内もまとまらず、ますます自民党政権が盤石になるという見方をしている人も多いです。もはや民進党は、すっかり「万年野党」ですね。以前はイギリスの「シャドウキャビネット」(影の内閣)を見習って「ネクストキャビネット」(次の内閣)を組閣し、「いつでも政権交代可能な政党だ」などと意気込んで活動していたのに、そんな面影はまったくありません。

 政権交代が現実的だった時期の代表選挙は、とても活気がありました。「もしかしたら、次の総理大臣を自分たちが選べるかもしれない」という期待感があり、みんな民主党の党員やサポーターになりたがったものでした。中には、自民党員なのに民主党サポーターに登録し、投票に参加している秘書までいたくらいです。

 余談ですが、「ネクスト大臣」だった議員の中で、実際に民主党の内閣で大臣に就任したのは、原口一博衆議院議員のみでした。その原口議員も「第3の候補」として、今回の代表選挙で名前が取り沙汰されていましたが、推薦人が集まらず、出馬は見送られました。なんでも、国会議員への推薦依頼を秘書にさせていたそうで、びっくりです。本当に代表選挙に出馬したいのであれば、自分で頭を下げるべきですよね。最近、マスコミへの露出がなかったので、単なる売名行為だったのではと疑ってしまいます。なんだか、情けない話ばかりの民進党です。

 民進党の代表選挙の日程を考慮して、国会の開会時期は26日にずらしたようですが、こんな出来レースの代表選挙であれば、さっさと国会を開いたらよかったのではないでしょうか。

 平成29年度予算の概算要求の時期になり、国会開会に備えて各党の会議が続々と予定されています。のんびりしていた閉会中の雰囲気は台風とともに吹っ飛び、災害対策にも追われている永田町です。代表選については、また書かせてくださいね。

こんな写真があったとは……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

民進党代表選挙は出来レース 華やかな経歴とオーラ、資金力で勝利!?のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! 永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報・蓮舫のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 「演技うまくなった」と好評の大根役者
  2. 櫻井翔「顔パンパン」問題を高須が斬る
  3. 『PとJK』、空前絶後の大コケ
  4. NEWS・小山、元カノは「元AKB48」
  5. NEWS・小山、ツーショット写真流出
  6. Jr.西畑、公演中に昏倒しファン衝撃
  7. 土屋太鳳、ぶりっ子暴露で炎上
  8. 綾瀬はるかはギャラ泥棒!?
  9. 『べっぴんさん』最終回目前も酷評
  10. G・パルトローのサイトでセックス特集
  11. 森友学園問題を報じる「週刊女性」
  12. アレク、不倫カーセックス写真は序の口!?
  13. 2世議員に覚せい剤使用のウワサ!
  14. 城島謹製・ヌタウナギ燻製が好評
  15. 綾瀬はるか、今後フジには出ない!?
  16. 少女が初めて異性に体を差し出す瞬間
  17. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  18. プウ美ねえさん流体重キープ術
  19. バツ3でも幸せになる方法
  20. 平愛梨&祐奈、姉妹揃ってアンチ急増

ジャニーズの人気記事

  1. 『PとJK』、空前絶後の大コケ
  2. NEWS・小山、元カノは「元AKB48」
  3. NEWS・小山、ツーショット写真流出
  4. Jr.西畑、公演中に昏倒しファン衝撃
  5. 城島謹製・ヌタウナギ燻製が好評

カルチャーの人気記事

  1. 2世議員に覚せい剤使用のウワサ!
  2. バツ3でも幸せになる方法
  3. おばちゃんから「トイレ禁止」の嫌がらせ
  4. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. G・パルトローのサイトでセックス特集
  2. 大金持ちと結婚した女性セレブ
  3. エミネム、薬に替わる新たな中毒
  4. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  5. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身