1話限定ゲスト出演女優に?

篠田麻里子、『家売るオンナ』でのブリッコ&ヤンキー演技に「見ていて恥ずかしい」と視聴者悲鳴

2016ieuruonna.jpg
『家売るオンナ』(日本テレビ系)公式サイトより

 8月31日放送のドラマ『家売るオンナ』(日本テレビ系)第8話が、平均視聴率10.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を獲得したことがわかった。主演・北川景子のダイナミックな演技が話題の同ドラマは、第5話(9.5%)以外は2ケタを記録。この夏唯一の好調ドラマともいえるが、今回に限っては、ゲスト出演した元AKB48・篠田麻里子に、悪い意味で注目が集まってしまった。

 『家売るオンナ』は、不動産会社の営業部チーフを務める主人公・三軒家万智(北川)が、型破りな手法で家を売っていくという痛快ストーリー。第8話では、営業部の足立聡(千葉雄大)が、人気お天気お姉さん・前原あかね(篠田)のマンション購入を担当するも、テレビでは見せない横柄な態度、さらにはマネジャー(和田正人)と結婚している事実が発覚し、ショックを受けてしまう。足立は担当を外され、代わりに万智があかねに家を売るべく奮闘する……という展開だった。

「同ドラマは、第5話で一度1ケタ台に落ちてしまったものの、第6話で11.6%と見事回復。第7話、そして今回の第8話ともに2ケタで安定感をみせています。また、最新話では万智と営業部課長の屋代(中村トオル)、そして後輩の庭野(工藤阿須加)の微妙な三角関係が浮き彫りとなり、ネット上では『課長とうまくいってほしい』『いや、庭野くんを応援したい!』などの声が飛び交うなど、大盛り上がりしていました」(芸能ライター)

 しかしその一方で、ゲスト出演の篠田に関しては、辛辣なコメントが続出。放送前から「篠田は相変わらずの棒読みだろうね」と、演技力に期待はされておらず、「どんな演技を見せてくれるか、逆に楽しみ」との皮肉も少なくなかった。

「篠田はAKB卒業後、ファッション関係の仕事をすると宣言していたものの、迷走した挙げ句、女優業に落ち着きました。同ドラマで篠田は、“ブリッコ”と“ヤンキー”という二面性を持つ女性を演じましたが、ネット上では『ヘタなのにブリッコな演技をすると痛いだけだな……』『ヤンキー口調になると、棒読みの上にさらに滑舌も悪くなる』といった批判が噴出。『見ていて恥ずかしい』とまでいわれていました」(同)

 また、「篠田のシーンが多すぎて、ストーリーがブレた」などの声もあり、中には「好きなドラマに篠田が出ると台無し! もう女優はあきらめて!」と訴える者も。

 篠田の起用でここまで評判を下げたものの、視聴率への悪影響がなかったのは、不幸中の幸いだろうか。最終回に向けて、安定した視聴率が続くことを祈りたい。

地で演じればよかったんじゃないかな?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  17. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー