[女性誌速攻レビュー]「AneCan」9月号

「愛され」精神、ここに終焉! 休刊目前「AneCan」が伝えた、“愛する女になれ”の遺言

anecan1609.jpg
「AneCan」9月号(小学館)

 蛯原友里さん、高垣麗子さんの卒業後、カバーモデルを誰が務めるのか気になっていましたが、先月号は「AneCan」(小学館)モデル3人の共演によりドキドキを引っ張られました。そして、楽しみにしていた今月号! なんとディーン・フジオカさん、清野菜名さんのドラマ『はぴまり Happy Marriage』の宣伝カバーという荒業でした。押切もえさんが今秋に卒業する、そして「AneCan」が11月号をもって休刊するというニュースも飛び込んできましたし、もうカバーにお金はかけられないってこと……? 来月は押切さんで、最終号は全員集合とか? 蛯原さん、高垣さん卒業時の特別企画にあふれていた、皆の熱いヤル気はどこへいったのでしょうか。

 「AneCanらしさ」ってなんだろう、と考えるとやっぱり華やかで可愛らしいということなんですよね。蛯原さんと高垣さんが卒業したことにより、誌面を引っ張っていけるような華やカリスマ性のあるモデルがいなくなってしまいました。その穴は大きい。もちろん残された「AneCan」モデルもキレイではありますが、何か足りない……カワイイ子は大勢いるけど、一人ひとりの名前がわからない、センターを張る子もいない、そんな大人数アイドルグループ状態です。“モテ”“愛され”ブームを作ったモデルたちで華々しく始まった「AneCan」は、エビちゃん・もえちゃんの卒業とともに役目を終えてしまうようです。

<トピックス>
◎葛岡碧×千葉直樹 夫婦共演第二弾!「私と彼の『記念日名品』ストーリー」
◎「スマホで始める恋愛」って、アリですか?
◎わたしたちの“カップル旅写真”撮って出し

■休刊に納得
 今月号の大特集「…だから『一緒に過ごす日』はコレを着る!」から、「25~34歳のAneCan読者にカレとの恋愛のリアルな声を聞いてみました!」をチェックしてみます。読む前からアネサーの恋愛スタンスは、「愛され」精神だと予測はついていますが、あらためて確認という名の答え合わせをしてみましょう!

定番の質問「出会いのきっかけ」から「彼の好きなところ」などを、アネサーカップルのリアルな写真つきで掲載しています。その中で、これぞ「AneCan」と感じさせたのが、「デートの時の服装で気をつけていることは?」に対する回答。「1位 カレの好みに合わせる」「2位 カレのファッションテイストに合わせる」「3位 動きやすい服装にする」。洋服選びは、カレに合わせるか、状況に合わせるってことですか……。思わず遠い目になりましたが、いやいや、ここは「AneCan」。「CanCam」時代から“愛され”“モテ”こそ正義で走ってきた読者には、迷うことなくこれが真理なのでしょう。ただ、それが現代ではマイノリティになっているということは、休刊という事実からもわかります。盛者必衰……。

女たちの呪いがいまようやく解かれる……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. 新春ジャニオタ放談
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー