その他
本業はボロボロ…板野友美の迷走極まる!!

板野友美、“ウエディングドレスプロデュース”の迷走! CD売り上げは「トップ10圏外」へ

itanotomomi.jpg
目指すは神田うの?

 30日、元AKB48・板野友美がプロデュースしたウエディングドレスブランド「Petit Tomo」の発表イベントが行われ、自身もドレス姿を披露したが、ネット上では「迷走しすぎ!」とツッコミが続出している。

 2013年にAKBを卒業し、ソロ歌手として再スタートを切った板野は、最近さまざまな分野の活動にチャレンジしている。しかしその結果は芳しいとはいえず、今回のウエディングドレスのプロデュースにも、ネット上で「需要ないでしょ」「歌手じゃなかったの?」「そもそも女子人気が低いから向いてない」などと、厳しい反応が飛び交っている。

「板野は最近、女優業にも積極的で、今年4月に公開された『のぞきめ』では映画初主演を務めましたが、公開初週の映画ランキングではトップ10圏外とパッとせず。今月26日に行われた『のぞきめ』ブルーレイ&DVD発売記念イベントでは、次は『ラブコメディーをやってみたい』とさらなる意欲をみせていたものの、ネットユーザーからは『歌手になりたいのか女優になりたいのか、もはや何でもありだな』『全部中途半端。まず歌を頑張れ』といった批判に晒されていました」(芸能ライター)

 本業である歌手活動も、最近では低迷の一途を辿っているようだ。今年4月発売の最新シングル「HIDE&SEEK」は、オリコン週間シングルランキングで11位と、ソロ転向後初のトップ10圏外を記録してしまった。

「また、板野は11月2日にはセカンドアルバムをリリース予定なのですが、シングルの大爆死で焦ったのか、8月から各地のイオンなどでCD予約者を対象にした握手会を開催しています。実は板野が握手会を行うのは、ソロ活動を開始して以来初。売り上げ低迷に、なりふり構っていられなくなったのでしょうね」(同)

 ソロ歌手として窮地に追いやられている以上、ウエディングドレスのプロデュースや、女優業への進出を“迷走”だといわれても仕方ないだろう。まずは自身のプロデュースについて考え直してみた方がいいかもしれない。

篠田麻里子の背中から何を学んでいたの?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  6. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ムショ飯はうまいのか?
  15. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  16. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 新春ジャニオタ放談

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!