その他
本業はボロボロ…板野友美の迷走極まる!!

板野友美、“ウエディングドレスプロデュース”の迷走! CD売り上げは「トップ10圏外」へ

itanotomomi.jpg
目指すは神田うの?

 30日、元AKB48・板野友美がプロデュースしたウエディングドレスブランド「Petit Tomo」の発表イベントが行われ、自身もドレス姿を披露したが、ネット上では「迷走しすぎ!」とツッコミが続出している。

 2013年にAKBを卒業し、ソロ歌手として再スタートを切った板野は、最近さまざまな分野の活動にチャレンジしている。しかしその結果は芳しいとはいえず、今回のウエディングドレスのプロデュースにも、ネット上で「需要ないでしょ」「歌手じゃなかったの?」「そもそも女子人気が低いから向いてない」などと、厳しい反応が飛び交っている。

「板野は最近、女優業にも積極的で、今年4月に公開された『のぞきめ』では映画初主演を務めましたが、公開初週の映画ランキングではトップ10圏外とパッとせず。今月26日に行われた『のぞきめ』ブルーレイ&DVD発売記念イベントでは、次は『ラブコメディーをやってみたい』とさらなる意欲をみせていたものの、ネットユーザーからは『歌手になりたいのか女優になりたいのか、もはや何でもありだな』『全部中途半端。まず歌を頑張れ』といった批判に晒されていました」(芸能ライター)

 本業である歌手活動も、最近では低迷の一途を辿っているようだ。今年4月発売の最新シングル「HIDE&SEEK」は、オリコン週間シングルランキングで11位と、ソロ転向後初のトップ10圏外を記録してしまった。

「また、板野は11月2日にはセカンドアルバムをリリース予定なのですが、シングルの大爆死で焦ったのか、8月から各地のイオンなどでCD予約者を対象にした握手会を開催しています。実は板野が握手会を行うのは、ソロ活動を開始して以来初。売り上げ低迷に、なりふり構っていられなくなったのでしょうね」(同)

 ソロ歌手として窮地に追いやられている以上、ウエディングドレスのプロデュースや、女優業への進出を“迷走”だといわれても仕方ないだろう。まずは自身のプロデュースについて考え直してみた方がいいかもしれない。

篠田麻里子の背中から何を学んでいたの?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  6. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  10. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  11. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  12. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  13. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  14. キャラ変え好調の乙武洋匡
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー