[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

Kis-My-Ft2、“ライバル潰し”の購買運動でファン大騒動! 26.7万で週間1位無事獲得

2016kis_iscream.jpg
とにかく1位、おめでとう~!

 Kis‐My‐Ft2の新曲「Sha la la☆Summer Time」(8月24日発売)が、9月5日付のオリコン週間ランキングで1位を獲得した。初日売り上げでは、同日発売だった名古屋発のボーイズグループ・BOYS AND MENの新曲「YAMATO☆Dancing」に負けを喫し、デイリー売り上げ1位を逃したが、週間ランキングでは逆転に成功。その裏では、双方のファンによる熾烈な戦いが繰り広げられていたようだ。

 今年8月にデビュー5周年を迎えたキスマイ。6年目に入って幸先良いスタートを飾りたいところだったが、発売初日の23日付のデイリーランキングでは、16.7万枚を売り上げた名古屋発の10人組男性グループ・BOYS AND MEN(以下、ボイメン)に敗北し、14.7万枚のキスマイは2位にランクイン。この結果を重く受け止めたキスマイのファンは、「Sha la la☆Summer Time」を週間1位に導くため、Twitter上などで追加購入を呼びかける運動を開始。「シャララ狩り」「追いシャララ」などの言葉を用いて情報を拡散したところ、発売2日目(24日付)に3.7万枚を売り上げ1位となり、その後も2.4万枚(25日付)、1.3万枚(26日付)と、順調に売り上げを伸ばしていった。

「ボイメンは6月から今作のリリースイベントを開催しており、約2カ月にわたって売り込みを続けていました。初日に1位を獲った後、8,753枚(24日付)、7,093(25日付)と売り上げの勢いが落ちていたものの、26日付で約2.0万枚を売り上げ、再び1位に浮上。そこへきてさらに、27・28日は地元・名古屋で『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)に関連したチャリティーイベントを行い、会場で新曲の購入特典会を実施しました」(ジャニーズに詳しい記者)

 ボイメンの公式サイトでは「グッズの収益金がチャリティーになります」と告知し、公式Twitterは『24時間テレビ』のチャリTシャツを着たメンバーの写真とともに「今、ステージ横でCD販売してます!!時間限定です!!」と投稿。キスマイのファンから「売り方汚い」「『24時間テレビ』ってCDを売るところ?」「そんなことしてまで、ジャニーズに勝ちたいのか」「売名? 実力で勝負できないのか」「とっとと帰れ」などと、公式Twitterに批判が殺到する事態となった。

「売り方が汚い、とボイメンを批判する人に対し『キスマイだって散々汚い売り方してきた』とたしためるキスマイファンの声もありました。また、『もはやボイメンとの戦いではなく事務所との戦い』と、熱くなるファンも。キスマイは、SMAPの元チーフマネジャー・飯島三智氏のマネジメントを受けてきましたが、飯島氏が退社した現在、ファンはキスマイの今後を不安視しています。この状況下でCD売り上げも低下すれば、事務所から“冷遇されるのではないか”という懸念があったようで、とにかく売り上げを伸ばそうと必死だったようです」(同)

キスマイを1位にさせようという流れには、先輩であるSMAPのファンや、メンバーの宮田俊哉がアニメ好きということから、“アニオタ”もCD購入に協力していたようだ。Twitter上ではリアルタイムで各CDショップの在庫・完売情報がファンによって投稿され、1人で十数枚購入する者も現れるなど“祭り”状態に。

 一方のボイメンは、週末の27・28日のイベント会場でさらにCDが売れるとみられていたが、28日3部のイベントが「会場の都合」で突如中止。急きょCD販売会ではなく、ハイタッチ会に変更されたという。そして、週間ランキングではファンが努力した甲斐もあり、結果的にキスマイが初週26.7万枚を売り上げ、見事1位に。これは、3月発売の前作「Gravity」の初週記録21.3万枚を5万枚以上も上回っていた。

 昨年10月発売の「AAO」の初週記録は18.2万枚という過去最低値を出したが、今回は多くの支えがあり、週間1位を死守したキスマイ。今回はBOYS AND MENと切磋琢磨したおかげで売り上げがプラスになっただけに、次回のシングルは“実力勝負”となりそうだ。

セクゾのデビュー曲1位の死闘に並ぶ激闘でした

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク