安易に手を出しちゃいけないやつ

月9『好きな人がいること』8.2%で最低更新! 視聴者総ツッコミの“難病”展開

sukikoto0830_1.jpg
『好きな人がいること』(フジテレビ系)公式サイトより

 低迷するフジテレビ“月9ドラマ”『好きな人がいること』第7話が8月29日に15分拡大で放送され、視聴率は8.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、自己ワーストを更新した。

 連ドラで枠が拡大されるのは、通常は初回、最終回、あるいは好視聴率を挙げている場合に限られ、低視聴率に沈んでいるドラマで実施されるのは異例。同ドラマは前週の22日、リオデジャネイロ五輪関連特番放送のため休止しており、枠拡大はその穴埋めと思われるが、視聴率が示したように、何の意味もなさなかったようだ。

 同ドラマは、桐谷美玲演じる“恋愛と無縁だった”パティシエ・美咲が、千秋(三浦翔平)、夏向(山崎賢人)、冬真(野村周平)のイケメン3兄弟とシェアハウスをするという内容のラブコメディ。放送前は、旬の若手が勢ぞろいと話題になっていたが、初回から10.1%で、ギリギリ2ケタという苦しいスタート。第2話(10.4%)までは2ケタ台をキープしたが、第3話で8.7%と急降下。以降、第4話は9.5%、第5話は8.4%、第6話は8.3%と低迷。第5話と第6話は、同時間帯に他局で五輪中継が行われていたため8%台でも同情の余地はあった。しかし、五輪が終わったにもかかわらず自己ワースト更新となると言い訳できそうにない。

 これで、第7話までの平均視聴率は9.1%となり、今後よほど高い数字を弾き出さない限り、今年1月期の『いつかこの恋を思い出して泣いてしまう』(有村架純&高良健吾主演)の9.7%(全話平均)を下回り、さらには月9史上ワースト記録を更新した今年4月期の『ラヴソング』(福山雅治主演)の8.5%(同)をも下回る可能性がある。

 第7話では、冬真が「夏向は本当の兄弟ではない」という秘密を明かし、夏向の実妹である愛海(大原櫻子)を連れてくるという展開に。愛海の母は、重篤な病気で苦しんでおり、一刻も早く輸血が必要な状態だが、珍しい血液型のため輸血者が見つからず。そこで血のつながった夏向に輸血を依頼しにきたとのこと。そして夏向は、母のいる尾道へと旅立ち、それを美咲が追いかけるという内容だった。

そんな怒涛の展開には、ネット上で「パティシエである美咲が、単なる“お騒がせ女子”になっている。仕事しろよ!」「夏向が愛海に呼ばれた理由って、輸血だけ?」「1回の輸血で病状が改善する病気って、一体何なの? 脚本が雑」「珍しい血液型っていう設定、都合よすぎ」「美咲が夏向を追って尾道に向かったけど、何の確証もなく行くところがすごい。携帯持ってない相手の居場所が、なぜわかるの?」といった指摘が噴出していた。

 ここから先、大きな巻き返しは期待できそうにないが、せめて月9ワースト視聴率の更新だけは阻止してほしいものだ。
(森田英雄)

胸キュンだけじゃ食えないと舵を切ったの?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  12. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  13. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  17. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  18. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー