[ジャニーズ・メディアの裏側]

日テレ関係者が明かす、SMAP・中居正広『ナカイの窓』即刻打ち切り説の真偽

nakaikunmain.jpg
日テレさん、どうか窓をしめないで~

 SMAP・中居正広がメインMCを務める『ナカイの窓』(日本テレビ系)に、一部ファンの間で打ち切り説がささやかれている。飯島三智元チーフマネジャーと番組プロデューサーが“面会”していたという一部報道、また出演者の意味深なTwitterにより、近々動きがあるのではといわれているようだが、日テレ関係者に事情を聞くと……?

 25日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、飯島氏が8月18日に日テレ本社を訪れ、『ナカイの窓』プロデューサーらと会議室で数十分ほど話をしていたと報道。すでに現場を離れた飯島氏が、わざわざ局を訪れたということで、番組の打ち切りを食い止めようとしていたのではないかと、ささやかれるようになった。

 さらに、番組出演者の心理カウンセラー・小高千枝氏は、28日Twitter上で「人として尊敬できる方とご一緒させて頂けること 当たり前に感じてしまっていたけど 人生振り返るとそう簡単にはないこと シアワセなこと 感謝しないと…」と、意味深なツイートを投稿した。

「こうしたことから、ファンの間で打ち切り説が浮上したようですが、少なくとも9月以降も番組は継続しますよ。そもそも、飯島氏が接触したのは、局ではなく同番組制作会社のプロデューサーで、『文春』記事は厳密には間違い。面会の真意も不明ですが、即刻打ち切りという事態はありません」(日テレ関係者)

 各メンバーの出演番組や冠番組も、少なくとも9月の改編で終了することはないという。

「さすがに解散発表からわずか1カ月半で、局に打ち切りの判断はできません。ただし、年末に関していえば、可能性は十分にある。特に中居においては、来年のジャニーズ事務所との契約更新を断って、田辺エージェンシーに移籍するという話もあるので、もしそうなれば、現在の番組は全ていったん白紙化されます。それを見越して、年内で打ち切りの判断を下す番組も出てくるかもしれませんね」(同)

 解散後はソロでの活動を続けるというSMAPの5人だが、来年9月の契約更新の有無によって、各メンバーの状況はガラリと変わりそうだ。いまだ解散を受け入れられないファンも多い中、今後もSMAPをめぐる混乱は収まりそうにない。

心理カウンセラーはどんな特ダネをつかんだのかしら?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  7. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム