その他
【ジャニーズ研究会レポート】

Kis-My-Ft2の玉森裕太と藤ヶ谷太輔が、コンサートでやる気のない表情だった理由

 8月14日まで行われていた、Kis-My-Ft2のドームツアー『Kis-My-Ft2 CONCERT TOUR 2016 I SCREAM』。同ツアーは、6月22日に発売した新アルバム『I SCREAM』の収録曲をメインに構成し、メンバー7人がそれぞれセルフプロデュースを行ったソロ曲が目玉のひとつとなっていた。

 なかでも、宮田俊哉がセルフプロデュースを務めた「ヲタクだったってIt’s Alright!」は、本人が以前から楽曲提供を熱望していたヒャダインこと前山田健一が作詞作曲を務め、ミュージックビデオではお笑い芸人でイラストレーターの鉄拳が書き下ろしたパラパラ漫画のアニメーションが使用されるなど、アルバム発売のころから話題となっており、コンサートでも大盛況。同曲のパフォーマンスは、宮田とジャニーズJr.内ユニット「Snow Man」の佐久間大介、阿部亮平がメインで、途中からKis-My-Ft2メンバーが合流するサプライズが用意されていた。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク