[ジャニーズツッコミ道場]

この夏、“確変”に突入した 7人体制Love-tuneの「勢いと安定感」を考える

aranchan-lovetune.jpg
あらんちゃんの大胆な起用例

 ジャニーズJr.ユニット「Love‐tune」が誕生したのは、2016年春、ジャニーズJr.のシアタークリエ公演「ジャニーズ銀座2016」がきっかけだとされる。そのLove‐tuneが、この夏、大幅バージョンアップ感を醸し出してきた。

 近年のジャニーズJr.は、Mr.KINGにPrince、SixTONESにSnowMan、ふぉ~ゆ~、Travis Japan、MADE、They武道など、ユニットが多数いる状態。15年後半にはHiHi Jet(現HiHi Jets)に天才Genius、Classmate Jも新たに登場、16年の「ジャニーズ銀座」の公演は、公演日程が、ほぼそのユニットごとに分けられるという、実質“ユニットクリエ”状態だった。

 そんな、ユニットの名前がズラズラ並ぶ中、当初個人名と「ジャニーズJr.」名義で記されていたのが現Love‐tuneの面々。母体となるバンド系ユニットの括りがあったが、それに気づいたジャニーさんは、「YOUたちも名前、つけちゃいなヨ!」と、Love‐tuneが誕生した。

 読み方は“ラブ・チューン”でなく、“ラブ・トゥーン”。同時期にKAT‐TUNが充電期間に突入したこととは特に関連はないと思う。この時点でのメンバーは、安井謙太郎、真田佑馬、萩谷慧悟、森田美勇人の4人。それぞれ人気のある顔ぶれだが、ユニットとして後発だったことや、現在は主流でない“バンド推し”ということで、グループ名が付いたものの、Jr.内の序列的にはそこそこといった位置づけだったように思う。

 しかし、そんなLove‐tuneがいきなり確変する。

 上記のクリエ公演の幕が上がったところ、そこへ3人のメンバーが加わった状態でパフォーマンスが披露された。この時点では正式なアナウンスはされなかったが、公演のほとんどを7人で行った。新たな3人は、諸星翔希、阿部顕嵐、長妻怜央。

 まず諸星は、Eテレ『Rの法則』などに出演し、そのトーク力と“顔芸”には定評があり、15年クリエでも「モロササイズ」という暑苦しい(?)お笑いコーナーが好評だった。笑いばかりでなく、アメリカへのダンス短期留学やKinKi Kids・堂本光一舞台「Endless SHOCK」へ参加したことでダンスの実力も身に付け、グレードアップしてクリエに凱旋したような存在である。

 阿部は、森田と同じジャニーズJr.ユニット・Travis Japanの兼任メンバーである。ファンの人気も高く、雑誌の「ジュニア大賞」の恋人にしたいJr.部門でも上位に食い込む。さらに、『49』(日本テレビ系)や『お兄ちゃん、ガチャ』(同)などドラマ出演もこなし、14年の『近キョリ恋愛~Season Zero~』(同)では、山下智久が劇場版で務めた主人公の高校時代役で主演している。

ひっそりと解体路線にいかぬよう……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  11. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  12. 新春ジャニオタ放談
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー