一方でタトゥーを消す妻

離婚回避のため? デビッド・ベッカムのリアルすぎる馬のタトゥーに妻が大喜び

VictoriaBeckham02.jpg
「ウホッ、あなた馬を掘ったのね」と意味深に喜んだだろうヴィクトリア

 今年に入り、多忙ゆえのすれ違いから不仲が度々報じられているベッカム夫妻。3月には、好調な「デビッド・ベッカム・ブランド」から、実質ブランドを仕切っていたヴィクトリアが手を引くことになったと発表。7月には、デビッドがロサンゼルスのスポーツクラブで2人のブルネット美女と親しげに会話している姿をパパラッチされ、8月に入ると、フランスに所有する家を300万ドル(約3億円)で売却する準備を進めていると報道。ネット上では、「離婚に向けた下準備に違いない」「年内には離婚か?」という臆測が流れるようになった。

 そんな中、全身壁画のようなデビッドが新に入れたタトゥーの写真を、ヴィクトリアがインスタグラムに投稿し大絶賛した。

 これは、デビッドの右側の首もと、長男ブルックリンの愛称「Buster」という文字タトゥーの下に彫られたもので、たてがみをなびかせた凛々しい馬の首から上が描かれている。ヴィクトリアは、彫られた馬の説明はしておらず、「マーク・マホーニーのアメージングな作品よ」というメッセージを添えている。英大手タブロイド紙「デイリー・メール」は、上昇志向のヴィクトリアは乗馬が大好きで、一家で乗馬を楽しむ写真などもパパラッチされるほどハマっていると説明。「デビッドが、妻の愛する馬を彫ったのではないか」と推測した。

 今回、デビッドのタトゥーを彫ったマーク・マホーニーは、多数のセレブを顧客に持つ彫師。ハリウッドのサンセット大通りに「シャムロック・ソーシャルクラブ」という店を開き、スタイリッシュな“ブラック&グレー”タトゥーの生みの親といわれている。ジョニー・デップ、ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー夫妻、ミッキー・ロークら、マークの芸術的な作品に惚れ込むセレブは多い。

 デビッドもマークのタトゥーに心酔する顧客の1人であり、常連。2010年末には、左胸にフレスコ画風の“3人の天使に支えられ運ばれるマッチョなイエス・キリスト”のタトゥーを、マークに12時間かけて彫ってもらっている。このタトゥーについては、Facebookで「3人の息子たちに介助される自分をイメージした」と説明し、「もう老後のことを考えているのか」「ヴィクトリアにはしてもらえそうにないから、息子たちに期待しているのか」と話題になったものだった。

馬のタトゥーを掘っただけで下世話に持っていくサイ女クオリティ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!