[ジャニーズ・メディアの裏側]

「SMAPを説得できなかった」ジャニー社長の“失敗”が示す、事務所の弱体化と完全凋落

1012_johnny.jpg
ヒロムの神通力が利かないなんて……

 SMAP解散は国内に衝撃を走らせたが、分裂騒動から解散までの流れについて、テレビ局関係者からは「芸能界の勢力図が刷新されかねない大事態」という声が聞こえてきた。ジャニーズ事務所のトップ・ジャニー喜多川社長の「命をかけても(SMAPを守る)」発言が、たった3カ月で反故にされてしまったことで、“ジャニーズ帝国”は近く凋落するという見立てだが……。

 1月に勃発した分裂騒動を受けて、ジャニー社長はスポーツ紙の取材に対し「僕は命をかけても(SMAPを守る)。SMAPは我が子と同じですから」と断言。その時点から、解散を阻止すべく各メンバーと個別面談を行い、また25周年コンサートの開催も希望し続けていたという。

「しかしジャニーさんの奔走も虚しく、結果的にSMAPは年内解散という最悪の事態に。以前のジャニーズは、方法はどうあれ、危険分子になり得るスタッフやメンバーなどは即座に切り捨てるほど容赦ない事務所でしたが、今回はそれさえできない。ジャニーさんがSMAPを説得できなかったのは、事務所のパワーが弱まっている証拠ではないでしょうか」(大手キー局プロデューサー)

 ジャニーズは芸能界でも独特のポジションに位置している。芸能プロダクションの業界団体・日本音楽事業者協会(音事協)に所属していないが、ほかの大手プロとうまく関係を築きながら、ほぼ半世紀に渡って業界の中心に居座ってきた。

「やはり人気タレントを多数擁していること、また、誰とでも対等に話ができるジャニーさんの人望があってこそ、ジャニーズは、ほかのプロダクションやマスコミに絶大な影響力と発言力を持つようになったのです。しかしSMAP解散騒動で、事務所の弱体化が広く知られてしまった。近い将来、その影響が一般の人々の目に見える形で現れてくるはずです」(同)

その1つとして挙げられるのが、「ジャニーズを中心としたテレビ番組の消滅」だ。

「これまで、主演やメインMC、かつ共演者もジャニーズサイドの意向に沿った番組が数多く作られていました。しかし、今後テレビ局側がそれを放棄し始めるかもしれません。例えば、藤島ジュリー景子副社長がトップになったタイミングで、テレビ局がジャニーズではなく、別の大手プロに従うようになるなど……。そうすると、テレビからジャニーズが徐々に減っていくことも考えられます。芸能界の勢力図自体が、ゆるやかに変わっていくでしょうね」(同)

 SMAPの歴史が終了する今年12月31日は、ジャニーズ事務所にとってのXデーなのかもしれない。

郷ひろみに逃げられた以来の挫折なのでは

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  14. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  17. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. ムショ飯はうまいのか?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!