その他
【ジャニーズ研究会レポート】

SMAP中居、Kis-My-Ft2二階堂に「俺らもまだ天下取れてねーからな」と告げていた……

SMAP中居、Kis-My-Ft2二階堂に「俺らもまだ天下取れてねーからな」と告げていた……

 Kis-My-Ft2二階堂高嗣が、「Myojo」2016年10月号(集英社)の1万字ロングインタビュー「STAND BY ME~いつもそばにいてくれたね。~」で、SMAPに対する熱い思いを激白している。グループ内で“バラエティー担当”の二階堂は、これまで中居正広がMCを務める『UTAGE!』『Momm!!』(ともにTBS系)などで鍛えられてきた。二階堂にとってSMAPや中居の存在が大きな刺激となり、活動の原動力になっていたようだ。  デビュー時は千賀健永、宮田俊哉、横尾渉とともに“後ろの4人”と呼ばれていた二階堂。前列で歌う北山宏光、藤ヶ谷太輔、玉森裕太に比べてバックダンサーのような扱いを受けており、ファンの間ではグループ内格差が物議を醸していた。しかし、そんな4人に手を差し伸べたのが、バラエティーで頻繁に4人をイジっていた中居。4人だけでCDをリリースすることを提案し、二階堂らは2013年12月に“舞祭組”として「棚からぼたもち」でCDデビューを果たした。  同誌で二階堂は、そんな“後ろの4人”と一括りにされていたデビュー当時を振り返り、「これ、さすがにキツイな!」と感じていたと告白。インタビュアーから「そんな状況でも、あきらめなかったのは何が大きいの?」と問われると、「いちばんデカイのは、やっぱりSMAPさんに出会えて、お仕事をごいっしょできたこと。プラス、中居さんが舞祭組を作ってくれたことかな。そのふたつが、いっちばんデカイ」と、キッパリ言い切っている。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

SMAP中居、Kis-My-Ft2二階堂に「俺らもまだ天下取れてねーからな」と告げていた……のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 横澤夏子の結婚報告に見る悲哀
  2. セックス写真流出疑惑の女子アナが降板へ?
  3. GACKTはなぜ芸能界から消えない?
  4. 『黒革の手帖』初回、酷評の嵐
  5. 松居一代、船越のヅラを暴露
  6. 『僕たちがやりました』に「胸クソドラマ」
  7. 安藤美姫、交際匂わせ写真の怪
  8. 『カンナさーん!』シシド批判の嵐
  9. 浜崎あゆみ、日テレに仰天クレーム!?
  10. 『なんでも鑑定団』、失った2つの信用
  11. 浜崎あゆみ“芸人化”が止まらない!?
  12. R・ケリー、セックスカルト形成?
  13. 橋本環奈は、なぜブレークしないのか?
  14. キスマイ新ユニット記事に、問題表現発覚?
  15. 渋谷すばる批判の指原に怒りの声
  16. 浜崎あゆみに見る「メンタルの老い」
  17. 『セシルの~』はツッコミどころだらけ
  18. 近藤真彦、メリーからの深い寵愛
  19. 「サッカー解説デビュー」小柳ルミ子
  20. 松居一代の吊るし上げに戦々恐々とする女

ジャニーズの人気記事

  1. キスマイ新ユニット記事に、問題表現発覚?
  2. 渋谷すばる批判の指原に怒りの声
  3. 近藤真彦、メリーからの深い寵愛
  4. ジャニーズの「BL営業」舞台裏
  5. 嵐・二宮、木村拓哉に「良い後輩」顔?

カルチャーの人気記事

  1. 女遊びする夫のDVで夜逃げを決意
  2. 「山口敬之レイプ疑惑」に新事実も!?
  3. 「国会議員」の下品すぎる実態
  4. 東京新聞・望月記者が語る政権の裏側
  5. 船越英一郎、バイアグラで副作用?

海外ゴシップの人気記事

  1. R・ケリー、セックスカルト形成?
  2. O・Jシンプソン 自慰で仮釈延長?
  3. アーロン・カーター、兄ニックを批判
  4. アシュトン・カッチャーまた浮気?
  5. 知っておきたい、カーダシアン家の10大事件