SMAP・木村拓哉、解散で海外進出へ意欲! 自称「トークができない」英語力で大丈夫?

kimura0826

 年内解散を発表したSMAPの木村拓哉に、海外での活動の意向があるというウワサだ。

 芸能関係者によると、ドラマや映画など、すでに来年夏までの出演スケジュールは埋まっているものの、ハワイ休暇を取っていた解散発表時、アメリカの映画関係者とも会って今後のプランを話し合っているというのだ。

 現地にはメリー喜多川副社長らトップ役員も行っていたという話だが、この話が事実ならば、「メンバーひとりだけ独立騒動に乗らなかった」木村に対し、ジャニーズ事務所側が“恩賞”として本人の希望に手を貸したという見方もできる。

 木村はかねてから海外進出に意欲的でありながら、なかなか軌道に乗せられなかった。2004年の香港映画『2046』は大手広告代理店が主導して「タクヤ・キムラ」をビッグネームにしようと動いたもので、当時マスコミも「世界のキムタクへ」と大々的に煽り、日本の民間人代表としてロシアの宇宙船ソユーズに乗る計画まで報じられていたのだが、主役クラスのはずだった作品内で木村は数分間しか登場しておらず、カンヌ映画祭での話題も、別作品に出た当時14歳の柳楽優弥に持っていかれてしまった。

 当時を知る芸能記者によると「あれは木村の出演と引き換えに日本サイドから映画製作に大きな資金提供があったのに、芸術肌のウォン・カーウァイ監督がそれを気にせず、木村をチョイ役としてしか扱わなかったと聞いてます」という。

 さらに言えば、木村は同作で日本語セリフしかしゃべっておらず、お粗末な海外デビューは英語力のなさも原因だといわれた。事実、08年に出演した、フランス映画『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』は全編英語だったため、スポーツ紙では「木村のセリフはすべて英語」などと煽られていた。

 しかし、こちらは英語どころかセリフ自体がほとんどない無言の出演という苦しいもの。

「4年間の勉強でも発音に進歩がなかったらしく、セリフを入れようにも入れられなかった」と前出記者。

 事実、木村は後にラジオ番組で「相手が何を言いたいかぐらいはわかるんです。リスニングはできるんですけど、トークができない」と正直に吐露している。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク