[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

TOKIO・松岡昌宏、4年ぶりドラマ主演の大役も……“お気楽モード”で余裕のワケ

mabo-4-main.jpg
扶養家族(城島)のためにも頑張らないとね

 TOKIO・松岡昌宏が10月期のテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』(金曜午後11時15分~)で主演を務めることがわかった。

 近年めっきり俳優としての活動機会が減った松岡にとって、ドラマ出演は昨年11月放送の『必殺仕事人2015』(テレビ朝日系)以来。連ドラ出演は、2014年7月期『同窓生~人は、三度、恋をする~』(TBS系)以来2年3カ月ぶり、主演は12年1月期に今回と同枠で放送された『13歳のハローワーク』以来、4年9カ月ぶりとなる。

 松岡が演じるのは、家政婦紹介所に所属する家政夫・三田園薫(みたぞの・かおる)役。三田園は、女性が多く活躍する家政婦業界で、男性ながら掃除・洗濯・料理・子守などの家事全般を完璧にこなしてしまう“一流家政夫”。家事のスキルが高く、派遣先の家で信頼を得るのも早いが、三田園は家の汚れだけではなく、派遣された家庭の抱える“根深い汚れ”までもスッキリと落とし、再生へ導いていくダークヒーローだという。

 テレ朝には市原悦子、米倉涼子が主演を務めた『家政婦は見た!』シリーズがあるが、番組タイトルは明らかに、大ヒットドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ系)のパロディと思われる。また脚本は、『半沢直樹』(13年、TBS系)、『ルーズヴェルト・ゲーム』(14年、同)、『下町ロケット』(15年、同)など、多くのヒット作を生んだ八津弘幸氏のオリジナル作とあって、話題性に事欠かないことから、失敗すれば主演・松岡の責任とされる可能性は高い。

 ただ、松岡が前回主演した『13歳のハローワーク』の視聴率は、全話平均8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)とまずまず。さらに、同枠で前クールの『不機嫌な果実』(栗山千明主演)は7.7%だったが、今クールの『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』(剛力彩芽主演)は4%台を連発するなど、平均5%台で低迷中。深夜枠とはいえ、話題作であるだけに、『グ・ラ・メ!』の視聴率を下回る可能性は低いだろう。

 そういった意味では、松岡は“お気楽モード”で臨めそうな雰囲気もある。同枠ドラマに限ると、ジャニーズ事務所の後輩である関ジャニ∞・錦戸亮が主演した『サムライせんせい』(15年10月期)の全話平均6.7%は最低でも超えたいところ。初回の視聴率に要注目だ。
(森田英雄)

城島リーダーの家にもぜひ行ってあげてください

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  6. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ムショ飯はうまいのか?
  15. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  16. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 新春ジャニオタ放談

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!