SMAP解散でハワイ逃亡のメリー喜多川副社長「なぜ私が悪者になるのかわからない」

smap0826

 SMAP解散発表の直前8月13日に、ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長とその娘、藤島ジュリー景子副社長がハワイに旅立っていたという話がスポーツ紙で伝えられている。

 今年1月の独立騒動でひとり残留の意向を示していた木村拓哉が、遅くとも10日までにはハワイ入り。妻の工藤静香、2人の娘とともに休暇を過ごしていた中で合流したというが、このさなかでの解散発表は副社長の親子がマスコミの目から逃げるためだったとする見方も強い。

「ジュリーさんは母親の指示に従っての渡航だったらしいですが、メリーさんは『1月みたいなのは二度とイヤ』と何度も言っていたらしいですから、一連のバッシングがトラウマみたいになっているようです」

 こう話したのは、長年ジャニーズを取材している芸能記者。聞けば今年1月に表面化したSMAP独立騒動で、事務所の最高権力者、メリー副社長へのバッシングが殺到したことで、今回は事前に“逃げ道”を作っていたというのだ。

 1月の騒動は、メリー副社長が“SMAP育ての親”飯島三智チーフマネジャーに対して「対立するのなら出て行ってもらう」という発言をして、その力を誇示したことが発端だった。独立の失敗は木村ひとりが土壇場でジャニーズ残留に翻ったことが原因だったが、残った中居正広ら造反組がテレビ番組内で生謝罪させられる屈辱の“公開処刑”もあったことから、世間からはすべてが「メリー副社長の采配」に見え、まるで社内イジメだと批判が集まっていた。

「今回の解散発表では、わざわざメンバー間の意思統一ができていない様子をプレスリリースして、事務所に責任はないことを強調していたでしょ。こんなの、メリーさん以外に指示できる人はいませんよ。ただ、それはSMAPファンも察知していて、『またメンバーを悪者にしている』と見てしまっている人も多いので、逆効果だったようにも思います」(前出記者)

 実際、Twitterなどでは、メリー副社長への痛烈な批判も目立っている。

「メリーの暴走さえなければ、今頃25周年の準備をしていたはずです」
「解散の原因は、メリー喜多川副社長の、飯島マネージャーへのパワハラ」
「メリーは、マネージャーを追い出しただけじゃ、気が済まなかった」

 ただ、前出記者によると、「さすがにここまでの声にはメリーさん自身、『なぜ私が悪者になるのかわからない』という感じだと聞いている」だそうだ。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク