その他
不謹慎極まりなし

梅沢富美男、“高畑逮捕”は「お前が一番悪い」と橋本マナミ批判! 「女性蔑視」と大炎上

1608umezawablog.jpg
梅沢富美男オフィシャルブログより

 各メディアが連日、高畑裕太容疑者逮捕のニュースを取り上げるなか、25日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)にコメンテーターとして出演した梅沢富美男の発言が、ネット上で問題視されている。

「同番組にはこの日、木曜レギュラーの橋本マナミが出演していました。橋本は以前から高畑容疑者に好意を向けられており、バラエティでも“ネタ”になっていた。高畑容疑者の逮捕前、21日に放送された『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)でも、橋本が高畑を『全然興味なくて……』『友達としてもない』『私は好きな人にしか触らせたくない』などと完全拒否し、笑いを誘っていたんです。『バラいろダンディ』でコメントを求められた橋本は『あまりにびっくりしちゃって、ちょっと……』と、動揺していました」(芸能ライター)

 そんな橋本に対し、梅沢は「これ(高畑容疑者のニュース)が出た時、お前が一番悪いかと思ったよ」と、発言。さらに、橋本が普段から“好きなタイプ”として挙げている漫画家でタレントの蛭子能収を引き合いに出し、「蛭子にヤラせるんだったら、高畑にもヤラせておけば(こんな事件は起きなかったのに)」と、持論を展開した。

「この常軌を逸した主張に、ネットは当然のごとく大炎上。『橋本は何も悪くないし、これはセクハラ発言で訴えてもいいレベル』『被害者がいるのに、こんなのウケ狙いでも最低』『テレビに出る人の言葉とは思えないほど、不謹慎』『女性蔑視だよね。何でこんな老害がコメンテーターやってるの?』『もう二度とテレビで見たくない』など、梅沢を痛烈に批判する声が噴出しています」(同)

 近頃“ご意見番”的な立ち位置になりつつあった梅沢だが、実はつい先日も、別の発言が問題視されたばかりだった。

「13日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)で、妻との馴れ初めを語ったのですが、梅沢は最初に関係を持ったとき、『彼女は21歳か22歳だと思った』が、実際は『30歳だった』ことがわかり、これを“詐欺”だと感じたと表現。自分の勘違いだったにもかかわらず、彼女に向かって『これ、なかったことにしてくれねぇか?』と、冷酷なお願いをしたとも明かしたんです。これにはスタジオ中から大ブーイングが巻き起こっていましたね」(同)

 こうした発言で、女性を中心に好感度がガタ落ちしている中、さらに、高畑容疑者の逮捕をめぐり、あまりにも配慮のない発言をしてしまった梅沢。テレビから姿を消す日も遠くはないのかもしれない。

ニッポン、終わってる……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  15. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 他人の記事をパクるのはこんな人

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!