その他
【ジャニーズ研究会レポート】

中島健人のソロ公演で退場者も!? ジャニーズが高額転売対策に本気を出すも、そもそもの仕組みに不満噴出

 8月23日、朝日新聞、読売新聞の朝刊に「私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します」と書かれた意見広告が掲載された。この広告は、「一般社団法人 日本音楽制作連盟」など4団体と、116組の国内アーティスト、24の国内音楽イベントの賛同を得て掲載されたもので、中にはKinKi Kids、嵐らジャニーズアイドルの名前も並んでいる。

 ジャニーズコンサートのチケットは、これまでも転売業者により、多数の高額取引が行われてきた現状がある。ファンクラブに入りチケットを購入しようとしても、ファンクラブに潜む転売業者や申込者数の多さによって購入できず、定価以上で売られているチケットを転売業者から購入する、といった悪循環が長年続いていた。また、業者だけでなく、SNSやチケット売買サービスの広がりによって、個人間で定価以上の取引が行われることも。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク