その他
またフジの犠牲に?

玉木宏、魔の「フジ日曜午後9時」で主演決定! 朝ドラ『あさが来た』新次郎人気の真価は?

tamakihirosi0825.jpg
まだ千秋先輩の幻から逃れられない

 2015年後期のNHK連続テレビ小説『あさが来た』で、主人公・白岡あさ(波瑠)の夫・新次郎役を演じ、あらためて脚光を浴びた玉木宏が10月期にフジテレビ系連続ドラマ(タイトル未定/日曜午後9時~)で主演を務めることがわかった。

 玉木はキャリアの警察署長でありながら、ひょうひょうとした性格で、気になることがあると自ら街に出て事件を解決する遠山金志郎役。ヒロインは早く一人前になりたいと思いながら空回りする女性刑事・相川実里役の瀧本美織。そのほか、ノンキャリアで現場第一のベテラン刑事・南洋三役で髙嶋政宏の出演が決まっている。脚本は、『ビター・ブラッド』(14年/フジテレビ系)、『5→9~私に恋したお坊さん~』(15年/同)などを担当した小山正太氏のオリジナル作品だ。


 従来、玉木は“クールな二枚目”のイメージが定着していたため、視聴者の好き嫌いがハッキリ分かれる傾向があった。しかし、『あさが来た』の新次郎役では、道楽者で熱心ではないものの人柄はよく、商いに精を出す妻・あさを陰ながらサポートする役柄を演じ、人気沸騰。役の上で亡くなってからは、“新次郎ロス”の現象も起きた。

 また、14年10月から1年間放送された旅番組『玉木宏の秘境ふれあい紀行』(BS朝日)では、旅先で出会う人々とフレンドリーに接するなど、そのイメージも変わりつつある。

 玉木といえば、14年10月期の『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)では、彼氏いない歴=年齢のOL・花笑(綾瀬はるか)に、何かと言い寄るキザな男・朝尾役がピッタリとはまり、脇役として全話平均16.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同=全話平均)の高視聴率をアシストした。しかし、その直後の15年1月期に主演した『残念な夫。』(フジテレビ系)では7.7%(同)と大敗を喫しており、連ドラで主演を務めるのはそれ以来となる。

 玉木は10月5日(午後9時~)にオンエアされるスペシャルドラマ『巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲』(テレビ東京)でも東京地検特捜部の検事役で主演を務めることが決まっている。共演陣は仲代達矢、奥田瑛二、相武紗季、草笛光子、勝村政信、鈴木浩介、田村亮、田中健ら、テレ東としては超豪華メンバーだ。

 これまで、どうしても「脇で光るタイプ」だった玉木だが、今回の両ドラマで高視聴率を上げることができれば、“新次郎人気”は一過性のものではなく“ホンモノ”といえるかもしれない。その意味で、玉木の“主役”としての真価が問われる2作になりそうだ。ただ危惧されるのは、フジの「日9」枠のドラマは、爆死が続いているという点。果たして、どんな結果が待ち受けているだろうか?
(森田英雄)

山本高広のモノマネが玉木宏より玉木宏

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  9. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  10. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  11. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  16. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  17. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  18. 他人の記事をパクるのはこんな人
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. マンガ『ヅャニーさん』34回
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!