[ジャニーズ・メディアの裏側]

NEWS・小山慶一郎、高畑裕太代役は“ジャニーズ自薦”!? 日テレは「大きな借り作った」

1608kkoyama.jpg
最も日テレ社員に近いジャニーズ・小山

 高畑裕太の逮捕により、放送が危ぶまれていた『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)内のスペシャルドラマ『盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~』だが、24日夜、高畑の代役が、同番組のメインパーソナリティーを務めるNEWSのメンバー・小山慶一郎に決定した。

 小山はレギュラー出演する同局の『news every.』内で「短い時間の中でプレッシャーを感じていますが、精一杯頑張ります」と恐縮しながら語っていたが、日テレ関係者は「ジャニーズ事務所に大きな“借り”を作ってしまった」と明かす。来年以降、日テレでは、NEWSが嵐以上にプッシュされる可能性が、非常に高くなったそうだ。

 高畑は同ドラマで、主演・加藤シゲアキ演じる全盲の中学校教師のリハビリ支援員役を務める予定だった。すでに撮影は終了しており、また高畑は出番も多かったことから、登場シーンをカットするだけの対応では話が成立しなくなってしまい、日テレサイドはドラマの放送について、早期の決断を迫られたという。

「選択肢は3つありました。1つ目は代役を立てて必要なシーンのみ撮り直す。2つ目は高畑の出演シーンの内容をナレーションで“説明”して、なんとかストーリーをつなげる。そして3つ目が、ドラマ自体をお蔵入りにしてしまう……です」(前出・日テレ関係者)

 そして結論は“代役”となったが、小山の起用に関しては、ジャニーズ事務所側の“自薦”だったという。

「放送3日前に代役で撮り直すというのは、本来であればあり得ない緊急事態。しかしNEWSファンは、ドラマ自体がお蔵入りになる可能性が浮上したこと、また高畑と増田貴久が出演予定だった『今夜くらべてみました』の放送内容が変更されたことに激怒していたので、それを納得させるためにも、NEWSメンバーの代役起用は最善策だったのではないでしょうか。局としては、ジャニーズサイドの提案を飲むしかなかったんです」(同)

 こうして決定した小山の登板だが、日テレはジャニーズに対して、どのような形で借りを返していくのだろうか。

「現在日テレでは、NEWSメンバーが出演する『変ラボ』が深夜枠で放送されていますが、同番組のゴールデン昇格、あるいは冠番組の新設といった可能性もあります。さらに小山個人も、大型音楽番組のMCなど、現在、嵐・櫻井翔が担っているようなポジションが与えられるかもしれません。ジャニーズが得る利益はかなり大きいですよ」(同)

 SMAP解散騒動によって、経営から評判まで、かつてない危機に晒されているジャニーズ事務所だが、小山の緊急登板は唯一と言っていい“光明”なのかもしれない。日テレとNEWSの今後の蜜月関係にも注目が集まる。

櫻井先輩からのお小言メールが増えそう

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  17. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー