仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

高畑裕太の強姦致傷逮捕に「もったいない」――西川史子女医の発言を憂う理由

nishikawaayako_yellow.jpg
「もったいない」ってどういうこと?

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「もったいないの一言ですよね」西川史子
『ノンストップ!』(フジテレビ系、8月24日)

 二世ブームの芸能界において、頭一つ飛びぬけた感があった女優・高畑淳子の息子で俳優の高畑裕太が、宿泊先のホテルの女性従業員に強姦致傷を働き、逮捕された。

 誰も予想だにしない事件だが、その後の反応の方が、私には衝撃的だった。日刊スポーツは高畑の逮捕後に、被害を受けた40代女性を「美人でスタイルがいい人」と報じたからだ。

 なぜ、被害女性の外見を報じる必要があるのか理由は書いていないが、推測するのなら「人気芸能人が、40代女性のようなオバサンを襲うわけがない」「むしろ、高畑が襲われたのでは?」と疑う読者のために、丁寧に“解説”してくれたのではないだろうか。強姦の“被害者”として成立するには、若さと美しさにあふれた“選ばれし女”でなければ、男性にはお認めいただけないようである。

 こういう男性の思い込みを目の当たりにすると、思い出すのが、今はなき『奇跡の扉 TVのチカラ』(テレビ朝日系)である。この番組は、未解決事件を超能力で解決するという非科学的なスタンスをとっており、ゆえに視聴者から苦情が殺到したが、実際に事件を解決したこともあり、視聴率はそれなりに稼げていたようである。

 ある回では、群馬県で失踪した40代の主婦の事件を取り上げていた。主婦が家族と一緒にある神社に出かけるが、雨のために車内で待機していたところ、主婦は「やはり、お賽銭をあげてくる」と小銭を持ったまま、車を降りる。なぜか参拝道の反対に進む姿を娘が目撃しており、それを最後に忽然と姿を消してしまったのだ。神社には参拝客も多く、不審人物を見た人はいない。近辺の山を捜索したが、手掛かりになるようなものは見つからず、自発的に失踪する理由もない。

 この事件について、アメリカ人の超能力者は、「暴行目的」の犯行と霊視した。犯人は複数で、主婦に助けを求める形で近づき(なので、主婦は参拝道の反対に進んで行った)、その後拉致、暴行に至ったという。

男社会で生きてきた女なんだろうね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  7. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム