[ジャニーズ・メディアの裏側]

「CMギャラ8,000万円が半額に」SMAP・木村拓哉、“裏切り者”イメージが及ぼす大損害

kimuratakuya_kouhaku01.jpg
「変わってない」って、ウソではなさそうだけど……

 ハワイから帰国した22日、成田空港でマスコミの取材に応じたSMAP・木村拓哉。注目されたのは「去年の末から今回の騒動に至るまで、自分自身は変わっていない」という発言だが、このコメントで「キムタクは終わった」と話すのは大手キー局プロデューサーだ。中居正広ら4人のメンバーとは違い、騒動勃発時からジャニーズ残留を表明しているといわれる木村だが、本人がこの状況に危機感を持っていないと警鐘を鳴らしている。

 木村は24日の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)収録に参加するため、22日にハワイから帰国。そして翌日には妻・工藤静香も後を追う形で空港に姿を見せ、裏切り者扱いされている木村について「みなさんの想像とは違うと思います」と擁護した。

「木村と工藤の発言は、まるで『責任は全て4人のメンバーにある』と言っているように聞こえてしまいます。自身が世間からバッシングされていることを、本人がまるで理解していないのが一番の致命傷。こういった発言をすればするほど、アンチ木村が増えるばかりなのに……」(前出・プロデューサー)

 ジャニーズサイド、ひいてはメリー喜多川副社長からすれば、木村の発言は“正論”といえそうだが、現在世論は“解散騒動の戦犯=ジャニーズ事務所”となりつつある。ジャニーズはこの展開を「まったく予測できていなかったでしょうし、木村が裏切り者としてバッシングされているのも、飲み込めていないのでは」(同)という。

「一連の騒動によるイメージ低下は、木村の仕事にも悪影響を及ぼしそうです。木村の主戦場といえばドラマと映画ですが、今後、世間の目は厳しくなり、より結果が求められるようになる。来年1月に放送予定のTBS系連続ドラマの視聴率次第では、早々に役者生命が絶たれる可能性さえあります」(同)

 ドラマが放送されるのは、多数のヒット作を世に送り出しているTBS日曜午後9時枠。また手堅く数字が見込める医療モノというが、「興味本位の視聴者もいるでしょうから、初回こそそれなりの数字は取ると思います。ただ、第2話目以降のそれをキープできるか……もし2ケタを割ってしまえば、今後のオファーやCMのギャラにも大きな影響が出ることになる」と同氏は話す。

「木村のCMギャラは1本8,000万円前後といわれていますが、世間のバッシングに加えて連ドラも大コケとなれば、1年足らずで半額程度になる可能性も。さらに、スポンサーへのクレームなども予想されることから、一歩間違えばベッキーと同じ状況にさえなりかねません」(同)

 SMAPの看板が消滅する来年以降、木村はこれまでのように芸能界で活動を続けることができるのだろうか?

かっこ悪い木村拓哉なんて誰も見たくない

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  17. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  18. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  19. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  20. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー