【醜聞!世界の女性富豪家】

年下男に1470億円貢ぎ、政界大揺れ! 男に溺れたロレアル創業者一族の“人類史上最も裕福な女”

大富豪、億万長者、大資産家――「フォーブス」世界富豪ランキングの上位には、女たちの名も少なくない。彼女たちが手にした誰もが嫉妬すると成功と、醜聞のスキャンダルを紹介する。

lilian.jpg
御年93歳でこのかくしゃくぶり!

[File.06]
リリアンヌ・ベタンクール Liliane Bettencourt

経済力 ★★★★★
ゴシップ力 ★★★★★
男性人気 ★★☆☆☆
オシャレ度 ★★☆☆☆
カリスマ性 ★★★★

国籍:フランス
年齢:93歳(1922年10月21日)
役職:ロレアル筆頭株主
総資産:410億ドル(約4兆1000億円)
配偶者:あり(娘ひとり)
2016年「フォーブス」世界富豪ランキング:11位、全女性1位、全フランス1位

◎英才教育のもと、実業家の才能開花
「人類の歴史上、最も裕福な女」

 そう評されることのある彼女の人生はしかし、「お嬢さま」の優雅さとはだいぶ遠いものだったかもしれない。

 ほとんど1世紀も前の1922年、リリアンヌは世界最大のコスメブランド・ロレアル創業者の娘としてパリに生を受けた。だが5歳のときに母が死去。以後、父の厳しい英才教育のもとに育つ。15歳の頃から事業を手伝い始めるが、シャンプーのラベル貼りなど、一般の工員と同じところからのスタートだったという。

 やがて社内でも、一族の中でも頭角を現しつつあった彼女は、第2次大戦後に政治家アンドレ・ベタンクールと結婚。夫はやがて閣僚となる逸材だったが、戦時中はナチスに協力していたという黒歴史も隠し持っている。

 リリアンヌは父の死に際し、35歳で会社と財産とを相続。その後はアメリカの大手化粧品ブランドやメーカーを次々と買収するなど、拡大戦略を展開した。同時に大量の化学者を動員して、コスメの研究・開発分野でも急成長していく。

 現在ではロレアル本体のほか、ザ・ボディショップ、イヴ・サンローラン、メイベリンニューヨーク、シュウウエムラ……日本人でも知っているブランドを多数傘下に収め、化粧品業界の女帝として君臨。経済誌フォーブスは2005年「世界で最もパワフルな女性」の1人としてリリアンヌを選出、さらに15年には「世界一の富豪女性」と認定した。世界の全ての女をぶっちぎり、コスメとカネと名誉を我が手にしたのだ。

こんなババアになってみたいわ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク