[ジャニーズ・メディアの裏側]

「SMAP幻の新曲」をさんま暴露――事務所は“ベストアルバム”で損失補てん画策?

2014smap_kouhaku.jpg
さんまよく見て、誰も笑ってないよ!!

 SMAP解散をめぐって、明石家さんまが20日放送の『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)にて、本来であればTBSのリオ五輪テーマソングは「SMAPの新曲になる予定だった」と明かした。

 実際に、TBSのリオ五輪テーマソングに採用されたのは、SMAPが2006年にリリースした「ありがとう」だったが、さんまによると「ほんまはテーマソングが25周年シングルやってんから。それが、新曲出せないから。(その代わりが)『ありがとう』やから」といい、解散や分裂騒動がなければ、新曲がリリースされていたと暴露したのだ。

「レコード会社やテレビ局のごく一部関係者の間では、SMAPが活動休止するという話とともに『極秘レコーディング説』が浮上していました。分裂騒動でメンバー間の関係は悪化したものの、活動休止前に新曲だけはリリースし、コンサートや『NHK紅白歌合戦』出場への足がかりを作っておきたいと、事務所は考えたのでしょう。ところが、この話も7月に入った辺りから雲行きが怪しくなり始め、実際には活動休止どころか解散を発表するという、最悪の展開になってしまいました」(テレビ局関係者)

 こうして、リオ五輪テーマソングである25周年記念シングルは、完全に幻となってしまったようだ。

「それでも、ジャニーズ事務所やレコード会社は、200億円とも300億円ともいわれるSMAP解散による損失を補てんすべく、ベストアルバムの発売を決めたようです。しかし、現在の世論を考えると“不買運動”が起こってもおかしくない。現在、購買運動が盛んな『世界に一つだけの花』とは打って変わって、ベストアルバムの売り上げはなかなか伸びないのではないでしょうか」(同)

 SMAPのラストCDは、昨年9月の「Otherside/愛が止まるまでは」となってしまう可能性もあるが、果たして新たなCDはリリースされるのか? 続報が待たれる。

買うより買わないの方が精神的にしんどい……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー