[ジャニーズ・メディアの裏側]

SMAP解散のウラで、森且行“家庭崩壊”スクープ! 25周年“感動の再会”計画も水の泡に!?

morikun_prf.jpg
森且行公式プロフィールより

 日夜「SMAP」「解散」の文字がテレビや新聞、ネットを飛び交う中、元SMAPでオートレーサーの森且行の家庭も“崩壊”していたと、23日発売の「女性自身」(光文社)が報じた。森は1996年にSMAPおよびジャニーズ事務所から去り、芸能界からも引退。2年後の98年には3歳年上の一般女性・亜紀さんと結婚して、長男を授かっていたはずだが、現在は別の子連れ美女と不倫同棲中だという。

 記事によれば、森が妻子と暮らしていたという都心の“億ション”には、今は誰も住んでおらず、売りに出されているとのこと。

「同誌は、亜紀さんの母親との接触に成功しており、森と妻子が2~3年前から別居していると伝えています。さらに、その原因は『森の女性関係』だとし、オート関係者からの『テレビ番組のリポーターと不倫しているという噂が流れたことがありました』との証言も掲載。亜紀さんと現在高校生になる長男は今、アメリカで生活しており、一方で森は、埼玉県内のマンションで別の女性と暮らしているそうです。ただ、まだ離婚したわけではないので、森が不倫している格好になりますね。ちなみに森は、『自身』発売の前日に、SMAPファンからの突撃を恐れてか、インスタグラムのアカウントを削除しました」(芸能ライター)

 SMAP解散騒動の中、元メンバーの森もスキャンダル報道に見舞われたこととなるが、CDデビュー25周年となる今年、「本当なら、ファンにとっては感動的な“再会”が予定されていました」(週刊誌記者)という。

「今となっては実現し難い話になってしまいましたが、もしメリー喜多川福社長が飯島三智元チーフマネジャーを事務所から追い出すようなことをしていなければ、25周年記念コンサートのステージに、森も登場する可能性がありました。飯島氏は、森のレース日程を避けるかたちでスケジュールを調整しており、夢の共演でファンを喜ばせようと考えていたんです」(週刊誌記者)

 その計画は、SMAPが総合司会を務めた2014年の『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)からスタートしていたという。

「同番組の終盤、SMAPが45分間のノンストップメドレーを披露した後、メンバーに宛てた森からの手紙が読まれました。長い間、森がSMAPにいた事実さえも“なかったこと”にされていただけに、SMAP愛にあふれる森の手紙には、視聴者から感動の声が続出。共演解禁の兆しに胸を熱くしたファンも多かったことでしょう。この演出は、飯島さんが考えた再会のための布石だったとみられます」(同)

 もしこの計画が実現していれば、感動的なシーンになること間違いなしだったはず。仕掛け人となるはずだった飯島氏は、SMAPや森の現状をどんな思いで見ているのだろうか?

森登場で中居号泣まで想像できるのに……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  5. 『カウコン』意外な舞台裏
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  10. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  11. キャラ変え好調の乙武洋匡
  12. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  16. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  19. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  20. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. 覚せい剤使用体験の天国と地獄

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  5. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決