すっかり丸くなっちゃって

沢尻エリカ、中山秀征との因縁告白で好感度上昇! 「むしろ中山がデリカシーない」と批判噴出に

sawajiri_kaikennamida.jpg
みんなヒデちゃんには、言いたいことがいっぱいあったみたい

 21日、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に沢尻エリカが出演し、中山秀征との長年にわたる因縁を振り返った。かねてから、「態度の悪い女優」として知られる沢尻だが、同番組の視聴者からは、意外にも擁護の声が続出しているという。

 番組内で沢尻は、中山との確執が14年前の『THE夜もヒッパレ』(日本テレビ系)に出演した時までさかのぼることを告白。同番組のMCだった中山が、出演者の女性を次々に褒めていったが、自分に対しては「君はそこらへんの小学生みたいだね」と指摘したといい、「芸能界に入りたてだったし、本当にショックだった……」と語った。

 これに対して、ネット上では「若い女の子の容姿や体形を悪く言うのはどうなの?」「中山にデリカシーがなかったな」「中山は軽すぎるノリの失言が多いよね。少しも反省してないのは良くない」「そもそもMCやる器かが疑問」などと、中山を批判する声が続出した。

「沢尻といえば、2007年の主演映画『クローズド・ノート』の舞台挨拶で、インタビュアーの質問に対して『別に』とそっけなく答えて、世間から大批判を浴びましたが、その直前に中山とも一悶着起こしていました。中山が当時司会を務めていた『ラジかるッ』(日本テレビ系)に沢尻が出演した際、『沢尻が中心の女優会、沢尻会は本当にあるの?』という質問に『ないですね』と不機嫌そうに即答。その後の質問も、そっぽを向いて受け流すなど、かなり横柄な態度を取っていました」(芸能誌関係者)

 そんな因縁のある沢尻と中山だが、『行列のできる法律相談所』と同日朝放送の『シューイチ』(日本テレビ系)で共演。そこで沢尻は、「あの日というかあの時代、どこかおかしかった」と振り返り、直接謝罪している。

「『別に』騒動の頃には、沢尻を一方的に非難する声がほとんどでしたが、最近の沢尻はすっかり丸くなった様子で、『好感を抱くようになった』という人も多いようですね。特に『行列』を見た人からは『あの時は本当にツンケンしてたけど、若気の至りだったんだろうなぁ』『沢尻の対応が大人に見える。実力ある女優だと思うし、これから頑張ってほしい』と沢尻を支持する声が多数上がっています」(同)

 ネットでの沢尻擁護、中山批判の流れが、新たな因縁のきっかけにならないといいのだが……。

むしろ沢尻、いい機会を与えてくれてありがとう

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク