サイ女の朝ドラ通信

『とと姉ちゃん』坂口健太郎演じる星野再登場にネット大喝采! 「常子と再婚」は賛否両論

ark160805.jpg
「連続テレビ小説 とと姉ちゃん Part2 (NHKドラマ・ガイド)」(NHK出版)

ニッポンのお茶の間をわかし続ける国民的番組“朝ドラ”――そのあらすじと視聴者からの反響を、サイゾーウーマンが週2回(火・金曜日)お届けします!

『とと姉ちゃん』(NHK 総合/月~土、午前8時) 幼くして父を亡くした小橋常子(高畑充希)が、「父(とと)」の代わりとして、母と妹2人を守りながら、怒涛の戦前・戦後をたくましく生き抜いていく物語。総合誌「暮しの手帖」の創業者たちの軌跡をモチーフにしている。

■8月17日(水)/117話~8月19日(金)/119話
 第114話で予告されていた通り、117話ではついに、昔、常子にプロポーズしつつも泣く泣く別れた星野武蔵(坂口健太郎)が再登場。“星野ロス”だった多くの視聴者から「おかえり!」の喜びコメントが上がった。

15年振りに常子の前に現れた星野は、従軍後に製薬会社に就職して同僚と結婚、2人の子どもが授かったものの、4年前に妻に先立たれたという。ネットでは、「常子のことをずっと思って独身でいてほしかった」「星野さんのお父さん、優しそうで素敵」「2人が何も言わずに見つめ合うところ、キュンキュンする」「常子と再婚してほしいような、ほしくないような……」などと、星野の父親姿と常子とのこれからに対し、さまざまな感想が飛び交った。中には、「常子の仕事絡みの都合で再登場させられた!?」といった穿った意見も多く見られた。なおこの日、視聴率25.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、自己最高記録を叩き出した。

 118話では、星野が娘の洋服について相談しに、子どもを連れて常子の出版社を訪れた。その際、「森田屋さんや青柳商店の皆さんは?」と昔なじみの消息を聞くが、常子はそれに答えず、キッチン森田屋へ星野親子を連れて行く。「どうしても青柳商店の清(若旦那・大野拓朗)や隈井(番頭・片岡鶴太郎)のその後を知らせないつもり?」「本当に、脇役の扱いが雑なドラマ」と、ここでも視聴者の不満の声が噴出。また、星野と再会した森田屋主人の宗吉(ピエール瀧)は、星野がかつて植物学者を目指していたこと、そして現在は製薬会社に勤務していることから、「葉っぱのあんちゃんが、薬のあんちゃんか」と新たな愛称をつける。この呼び方に対し、「薬のあんちゃんって、何か危ない!」とネット上でツッコミが飛び交った。

 119話では、あなたの暮らし出版が、商品試験の結果を自由に発表できるよう、社内に検査設備を造ることに。第1回目の試験商品は歯ブラシで、この記事が評判となり「あなたの暮らし」はバカ売れした。この先、どんな商品試験が行われるのか? 常子と星野の関係はどうなるのか? 目が離せない展開が続きそうだ。

坂口健太郎が、本格的に世間に見つかった

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  6. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  7. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  17. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと