[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

『SMAP×SMAP』番組終了決定のウラで……『おじゃMAP!!』に感激の声続出のワケ

katori-shingo.jpg
スタッフも理不尽に思ってるって、そう捉えてもいいよね?

 SMAPの解散でメディアが大騒ぎになる中、5人が唯一勢揃いするレギュラー番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)が年内で放送終了を迎えることが明らかになった。一方で、グループの解散を強く求めたと報じられる香取慎吾が出演する『おじゃMAP!!』(同)では、番組スタッフの“愛”が感じられる一幕に、ファンから感激の声が上がっているという。

 8月17日に放送された『おじゃMAP!!』では、香取とレギュラーのアンタッチャブル・山崎弘也が、ゲストの俳優・高畑裕太とともに栃木県・那須の人気スポットでスタッフとして働くという企画をオンエアー。番組の冒頭からSMAPの50枚目のシングル「Joy!!」(2013)が流れたかと思えば、昨年2月発売のシングル「ユーモアしちゃうよ」など、SMAPの楽曲が番組内で多く使用された。

「普段の『おじゃMAP!!』は、洋楽やあまり有名ではない邦楽ロックの楽曲をBGMとして使用しているのですが、この日はSMAPのヒット曲『SHAKE』(1996)、『らいおんハート』(00)など、SMAPの曲が流れていました。シングル曲だけでなく、03年発売のアルバム『SMAP 016/MIJ』の収録曲『SUMMER GATE』まで使われ、これはタイトル通り夏を感じさせる爽やかな歌詞・メロディーが特徴の、ファンには“サマゲ”と呼ばれ親しまれている曲なんです」(ジャニーズに詳しい記者)

 解散が決定したばかりとあり、ファンからは「『おじゃMAP!!』のBGM、いつもよりSMAPの曲が多い」「『Joy!!』『ユーモア』『SHAKE』……スタッフの愛をめちゃめちゃ感じる」「SMAPの曲ばかり使ってるのは、スタッフさんも存続を応援してくれてるってことかな。サマゲは泣いちゃう」と、感激のツイートが続出した。

 しかし、同日には『SMAP×SMAP』を制作する関西テレビとフジテレビが連名でマスコミ各社へリリースを送付し、同番組について「継続不可能と判断し、年内で終了することにいたしました」と、発表。スポーツ紙のWEB版などの記事は、ちょうど『おじゃMAP!!』が放送されている午後7時台に続々とアップされたため、ファンは「『おじゃMAP!!』でSMAPの曲が流れてた。そのオンエア中に『スマスマ』終了の速報はなんて非情なんだろう」「『おじゃMAP!!』放送中に『スマスマ』終了のお知らせなんてひどすぎる」「この時間に流さなくても……」と、悲痛な声が漏れていた。

 現段階で『SMAP×SMAP』の最終回は放送日が未定となっているが、フジは前述のリリースで「最終回まで、これまで通り皆様に番組をお届けして参りますので、引き続き応援いただけましたら幸いです」と、呼びかけているという。『おじゃMAP!!』をはじめ、個人の番組は継続となるのか、今後の動向に注目が集まる。

本当にありがとうございます!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  17. 他人の記事をパクるのはこんな人
  18. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!