その他
大爆死すら話題にならず

向井理『神の舌を持つ男』視聴率3.8%の衝撃!! 「すでに撮影開始」映画版の行方は?

kaminoshitaotoko.jpg
『神の舌を持つ男』(TBS系)公式サイトより

 向井理主演の連続ドラマ『神の舌を持つ男』(TBS系)の第6話が、平均視聴率が3.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、衝撃の数字を記録していたことがわかった。今期のドラマは軒並み不調で“夏枯れ”といわれているものの、向井の“大爆死”は目も当てられない状態だ。

 同ドラマは、あらゆる物質の成分を舌で分析できる主人公・朝永蘭丸(向井)が、古物商・甕棺墓光(木村文乃)や女好きの宮沢寛治(佐藤二朗)とともに芸者・ミヤビ(広末涼子)を探しながら、その旅先で起きる事件を解決していくコミカルミステリー。最新の第6話では、ミヤビの行方を知る男(宅間孝行)が殺人犯の疑いをかけられたため、蘭丸はミヤビの連絡先を教えてもらうことを条件に、男の容疑を晴らすというストーリーだった。

「同ドラマは第1話から6.4%と低空スタートで、その後も第2話で6.2%、第3話で5.7%と徐々に下降。第4話、5話は5.3%の横這いで、これ以上落ちたら打ち切り射程圏内に突入する……とハラハラしていたところ、それを通り越して一気に3%台にまで転落してしまいました」(テレビ局関係者)

 もともと、ネット上では「微妙なボケがサムイ」「向井演じる蘭丸がべろべろ舌をするのが不快」などと不評だったが、これほど急降下するには、何か理由があったのだろうか?

「この日、同時間帯の裏番組を見てみると、日本テレビ系でジブリ映画『コクリコ坂から』、テレビ東京で『リオデジャネイロオリンピック2016柔道予選 男子100キロ超級/女子78キロ超級』が放送されていました。リオ五輪とジブリの煽りを食ったのかと思われましたが、ジブリは9.6%、リオ五輪は7.6%で、特に突出して高視聴率を取った番組はなかった。つまり、『神の舌を持つ男』自体が、視聴者から見限られているわけです」(同)

 しかし、本来なら現時点で打ち切りが確定するレベルに達しているにもかかわらず、「ある事情から、決断しにくい状況」(同)という。

「同ドラマは映画連動企画で、実はすでに映画の撮影も始まっているんです。似たようなケースで、昨年7月クールで放送されたEXILE・AKIRA主演『HEAT』(フジテレビ系)が、ドラマ開始前から映画化の発表がされていたものの、視聴率が取れずに打ち切りとなり、映画自体も立ち消えに。しかし『神の舌を持つ男』に関しては、映画化は公になっていないので、人知れず消滅させる可能性もあります。ただ、撮影に入っているだけに、決して簡単な決断とはいかないでしょうが」(同)

 打ち切りレベルのドラマを映画化しても、さらなる不良債権化してしまう可能性が大だが、果たして制作側はどんな決断を下すのだろうか?

堤幸彦が、向井理を巻き込んで大爆発した……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  7. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  8. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  9. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  10. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  14. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  15. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  16. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  17. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  18. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. “意外すぎる”不倫常習犯タレント

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに