夏ドラマ唯一の勝ち組

北川景子『家売るオンナ』2ケタ回復! 夫・DAIGO出演『吉良奈津子』は6%の大爆死

1608_ieuruonna_1.jpg
『家売るオンナ』(日本テレビ系)公式サイトより

 17日、北川景子主演の連続ドラマ『家売るオンナ』(日本テレビ系)の第6話が放送された。リオ五輪の中継と時間帯がかぶっていたが、平均視聴率11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と2ケタを獲得し、好調さを見せつける結果となった。

同ドラマの視聴率は、初回から12.4%と快調で、その後も2ケタ台をキープし続けていたが、前回の第5話はリオ五輪の影響もあってか、9.5%に。今回もリオ五輪の影響が懸念されていたものの、大方の予想に反して11.6%と2ケタ台まで盛り返すことができた。

「ほかの夏ドラマが1ケタ連発と苦戦している中、『家売るオンナ』がここまで高視聴率を維持できている要因としては、主演・北川の魅力が挙げられます。これまではクールビューティーで売っていましたが、今作ではかなり変わり者のキャラクターを演じていて、そのギャップが人気を集めているんです」(芸能ライター)

 北川が演じるのは、不動産会社の天才営業ウーマン・三軒家万智。生真面目で、いつも無表情かと思えば、「GO!」と迫力のある顔で同僚に凄むという役柄で、「なんてぶっ飛んだキャラなんだ……」「見ててクセになる」など、視聴者の関心を引いているようだ。第2話では、引きこもり男性の言葉を代弁して、真顔で「うんこが漏れた」と言うシーンがあり、大きな話題に。また第6話でも、ツタンカーメンのような寝袋姿を披露し、視聴者からは「完全にキャラ崩壊(笑)」「北川景子ってこんな役もできるんだ」といった声を集めている。

「今年1月に結婚した北川ですが、ここにきて今までのキャラクターから脱皮できたことで一気に女優としての評価が上がっています。その一方で、夫のDAIGOは好調とは言い難いようですね。DAIGOが現在出演する連続ドラマ『営業部長 吉良奈津子』(フジテレビ系)は、初回視聴率こそ10.2%と2ケタでしたが、第2話以降は7.7%、6.8%、6.4%と大爆死している状態です」(同)

 私生活はともかく、北川・DAIGO夫婦の評価は、結婚後に明暗が分かれてしまったようだ。『家売るオンナ』と『営業部長 吉良奈津子』、今後の視聴率にも注目していきたい。

DAIGO、いつの間に俳優になったのよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  8. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  9. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  16. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  17. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  18. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  19. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと