芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

 8月17日発売の「週刊文春」(文藝春秋)に、先日解散を発表したSMAPについての衝撃的な記事が掲載されている。スポーツ紙の報道によると、1月に起こった解散騒動後、長らくグループ活動についてメンバーやジャニーズ事務所幹部が話し合いを重ね、一時は活動休止の方向で進んでいたが、今月10日に急転直下で解散が決定したと言われている。しかし、同誌によるとSMAP解散は「15年前から」くすぶり続けてきた問題だったというのだ。

 15年前といえば、木村拓哉が工藤静香と結婚を発表したころ。グループとしても人気絶頂のときに結婚を発表したことは、ファンのみならず多くの人々に衝撃を与えた。同誌によると、木村の結婚に誰よりも反対していたのは、“SMAP育ての親”飯島三智・元チーフマネージャーだったという。これを知った工藤は、メリー喜多川副社長の許しを得ようと、頻繁に連絡を取っていたという。はじめはメリー氏も木村と工藤の結婚に反対していたが、工藤の熱意にほだされ承諾した、と報じている。

関連記事
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!