石川敏男の芸能デスクレポート

ベッキー、『金スマ』独占謝罪から本格復帰できない理由――TBSが果たすべき責任とは?

beki_megane.jpg
ベッキー、いい子ちゃんの殻を脱せそうになし

 タレント・ベッキー(32)の不倫騒動が、ここまで尾を引くとは誰が予想していただろう。ベッキーが、ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音(27)とのホテル密会や川谷の長崎実家訪問を報じられてから8カ月。週刊誌報道後、すぐさま交際を否定する会見を開いたものの、その後2人のLINEでのやりとりが流出し、会見での弁明は全て嘘だと発覚。あのときに、「愛してしまった人に妻がいた」と正直に言っていればよかったのだが、それも後の祭り。猛バッシングを浴びる結果となり、出演番組もCMも降板、“ゲス不倫”という新語も生んだ。

 ベッキーは5月、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)でテレビ復帰を果たした。SMAP・中居正広による巧みなインタビューは話題になったが、ここで所属事務所があるミスを犯してしまう。各局に『金スマ』のベッキー独占謝罪告白の知らせを送るのが、放送数時間前と遅れてしまい、ベッキーのレギュラー番組を擁する局が「なぜうちの番組で復帰しなかったのか?」と激怒。ベッキー自身の問題ではないが、この失態が、ベッキーの本格復帰を妨げる要因になってしまった。


 いま、ベッキーが出演しているのは、スカパーの『FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~』だけという寂しさ。“記者会見アドバイザー”の私に言わせれば、会見もテレビ復帰も全て裏目に出てしまった。事務所の売り上げNo.1を誇っていたベッキーの稼ぎがなくなるのは、事務所にとって大きな痛手だろう。10月の番組改編にも名前が出て来ない現状に、相当焦っているのではないだろうか。

 それにしても、TBSにも責任はあるのではないだろうか。ベッキーを復帰させた回の『金スマ』は、スポンサーが降りていたそうで、提供する2社のスポンサーが、東日本大震災のときによく耳にした「ACジャパン」に差し替えられていたという。この2社は、ベッキーの出演を知らされていなかったことに激怒したと伝えられた。

 そう考えると、世間がまだベッキーを許していない中で、ベッキーを独占謝罪させたTBSにも責任はあるのではないだろうか。正直、「視聴率を取りたかった」と思われてもしょうがないし、もし本当に視聴率のためだけに、復帰を演出したとしたら、テレビ局関係者としてあまりに情けない話だ。

 ベッキー出演で、『金スマ』は平均視聴率24.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、瞬間最高視聴率は26.6%を叩き出した。しかしその後、ベッキーを出演させようとはしない。これでは、本当に、視聴率狙いの独占告白だったとしか受け止められないだろう。

 私は、10月の番組改編で『金スマ』にベッキーを復帰させるべきだと思う。TBSが、ベッキーを1人の魅力あるタレントだと考えているなら、世間の批判を受けても起用するべきだ。それが、視聴率を稼いでくれたベッキーへの謝意なのではないだろうか。『金スマ』が動かなければ、今後ベッキーが地上波テレビに復帰するのは、いよいよ難しくなってしまうはずだ。

石川敏男(いしかわ・としお)
昭和21年11月10日生まれ。東京都出身。『ザ・ワイド』(日本テレビ系)の芸能デスク兼芸能リポーターとして活躍、現在は読売テレビ『す・またん』に出演中。 松竹宣伝部、『女性セブン』(小学館)『週刊女性』(主婦と生活社)の芸能記者から芸能レポーターへと転身。

一方の川谷は楽しそうにジンギスカン食ってたよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  15. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  18. ムショ飯はうまいのか?
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!