真夏の最恐ラブホラー! 彼を誘って体験されてはいかがでしょう?

ラブホテルのリネン室に“いる”人の形の霊 デリヘル嬢が見た「新入りさん」とは

lovehorror6_mini.jpg
Photo by Max Froumentin from Flickr

 ラブホテルの清掃員をしている大塚が体験した&同僚から聞いたコワーいラブホ怪談をご紹介します。

【第6話 隣の浮遊霊】

 読者の皆様は、「お気に入りのラブホ」っておありでしょうか? 当ホテルにも「常連さん」はいらっしゃいます。

 まあほとんどが、プロというかデリバリーヘルスにお勤めのデリ嬢さんなのですが、フロントの美魔女たちとは顔なじみで、私たち清掃スタッフともごあいさつする仲です。

 で、いろんなデリ嬢さんがおられる中、やはり霊感がお強いというか「視える人」はいらっしゃいます。先日のこと、そんな中のお1人、マナさん(仮名)が美魔女のタナカさんに話しかけてきました。

「ねえねえ、最近、2階で何かあった?」

 「いえ、何も?」と答えたものの、美魔女も「視える人」なので、ピンときたそうです。

「何かお気に障ることありました? もしや『新入りさん』ですかねえ?」

 「新入りの霊」ってことです。そんな表現もどうなんだかですが。

「そうかあ。じゃあ、誰かお客さんについてきちゃっただけかもね。すぐにいなくなるよ」

 幽霊さんもいろいろで、その場所に恨みや未練があって、ずっといるタイプ(地縛霊)と、いろいろなところにいて、話を聞いてくれそうな人や好みの人についてくるタイプ(浮遊霊)がいるそうですね。マナさんによると、2階に新しく浮遊霊さんらしき霊がいらっしゃったとのこと。

「4階にいるのは、地縛霊っぽいよねー。いつもいるし。2階のはお線香でも焚いてあげればいいんじゃないの?」
「ところで、なんでわかったんです?」

 マナさんによると、お部屋の階でエレベーターを降りたら、人の形をしたベージュ色の影っぽいのが廊下に見えたのだそうです。

「まあ、それは見なかったことにしてお部屋に入ったの。で、そのあと隣のお部屋の音がすごく激しくなったから、お客さんと『こっちも負けていられないねえ』って笑っちゃったんだけど、出る時に見たらリネン室だったわ」

 それを聞いた大塚たちは涙目であります。だって、リネン室なんかしょっちゅう1人で行くんですよ。

「えー! 1人で入るのはもうムリっす! だいたい『激しい』ってなんなんですかああ」
「まあフロントでお線香でも焚いとくね。すぐにいなくなると思うよ」

 美魔女は涼しい顔でしたが、私は「ベージュ色の人」にバッタリ遭いたくないので、しばらくは戦々恐々の日々になります。ちなみに以前も書かせていただきましたが、美魔女によると「白っぽい人たちは前からよく通ってる」そうです。両者の関係って、どうなるんですかね。

大塚(おおつか)
都内某所のラブホで働く現役清掃員。R-ZONEと月刊誌「週刊実話ザ・タブー」(日本ジャーナル出版)で清掃員の日常を連載中。

「視える人」は怖くないんですか……?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  7. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム