芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

14smapcr.jpg
たぶん、SMAPもマッチに期待はしてなかったと思うよ

 世間に衝撃を与えたSMAPの解散発表。男性アイドルグループとして一時代を築いたグループの解散だけに、ジャニーズ事務所の所属タレントも大きなショックを受けているようだ。

 まず解散についてコメントを語ったのは、メンバーの脱退を経験し、現在もグループが“充電期間中”のKAT−TUN・中丸雄一。SMAPの解散は14日未明に事務所を通じて発表されたが、中丸は同日の午前7時台から生放送された情報番組『シューイチ』(日本テレビ系)に出演。一部報道によると、SMAPメンバーは「活動休止」にしてファンに期待を待たせるよりも「潔く解散を選んだ方がいい」と決断したと伝えられており、中丸は同じくグループ活動を休止している身として“規模は違う”と前置きしながらも、「とても泣けるなぁとも思いますね」などと、悲痛な表情で語っていた。

 また、15日にはSMAPとデビュー前から交流のあるTOKIO・山口達也&国分太一がそれぞれがMCを務める情報番組で解散に言及。オリンピック取材のためブラジル・リオデジャネイロに滞在していた山口は『ZIP!』(同)の中で「SMAPは1回なくなってしまいます。戻るかどうかっていうのはわかりません」「12月31日まで、SMAPという形がある以上は、SMAPを応援したいと思います」と、エールを送った。さらに国分も『白熱ライブ ビビット』(TBS系)で、今回の解散はメンバーやファン、事務所関係者ですら「ハッピーな結果だと思ってないと思う」と自身の考えを述べ、「どこか、“何か起きるんじゃないか”と、僕はまだ信じていたいなと思いますね」と、グループ継続に願いを込めていた。

「15日の夕方にはNEWS・小山慶一郎も『news every.』(日本テレビ系)の中で、『正直まだ信じたくない自分もいますが、これから個人活動になっても同じ事務所の偉大な先輩であり、夢であり、あこがれであることは変わりません』などと、神妙な面持ちで語りました。この時、小山の後方にあったモニターに、スタッフが掲げていたカンニングペーパーのスケッチブックが反射して映り込んでしまったことが話題になり、『コメントを自分で考えてないのでは?』と疑問の声が噴出。しかし、ファンはあくまでこれは“小山の言葉”だとし、『事前に秒数に合わせたコメントを考え、それをカンペに書いて用意してもらっている』と、主張していました。また、嵐・櫻井翔は『NEWS ZERO』(同)の月曜レギュラーですが、15日はオリンピック特番が放送されたため、SMAPへのコメントはありませんでした」(ジャニーズに詳しい記者)

 そんな中、16日のスポーツ報知によれば、ジャニーズの“長男”こと近藤真彦はSMAPの解散に「大きなショックを受けている」という。1月に勃発した解散騒動が収束した際、TOKIOやV6らを集めた食事会を開き、「事務所一丸となって頑張ろう」と呼びかけただけに、「誰も望まなかった『解散』という結論に、誰より心を痛めているのは近藤だ」「(解散は)自分たちで決めたことだから、という考えだけど、ショックは大きい」と、関係者の話を交えて伝えた。

「このあからさまな“提灯記事”に、ジャニーズファンは『1番ショックをうけてるのがマッチって、はぁ?』『マッチがショックって嘘だな。SMAPのために何をしたんだよ』と、呆れ気味の反応。ネットユーザーからも『マッチが無能だとわかった。後輩のことを見ていなかったくせに、何が兄貴分だ』『こういう時ばっか出てきて。後輩を思うなら1月の時に何かできたんじゃない?』などと、手厳しい意見が噴出しています」(同)

 このほか、Sexy Zone・菊池風磨は16日に開かれたソロコンサートの会見で「リスペクトを止めることなく僕らも継承していけたら、というのが今一番思っていること」などと、大先輩へ尊敬の気持ちを表していた。このように先輩・後輩たちの思いが明かされる中、SMAP5人が揃って解散を報告する日は来るのか、注目が集まる。

『世界に一つだけの花』 メリーの機嫌取りくらいしっかりやってください amazon_associate_logo.jpg
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!