芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

1608michisan.jpg
飯島女史は悲劇のヒロインぶってるようなタマじゃない

 解散後のSMAPについて、マスコミ関係者が最も注目しているのは、木村拓哉以外のメンバーと元チーフマネジャー・飯島三智氏の動向だという。飯島氏は今年1月、追われるような形でジャニーズ事務所を去った後、各週刊誌に「芸能界に未練なし」「IT企業で再スタート」などと報じられてきた。

 そんな中、17日発売の「週刊新潮」(新潮社)が、飯島氏の最新動向を詳報している。現在は中国資本の大手免税店で、PRの仕事を行っているという。さらに彼女は最近、芸能界で最も権力を持つとされる芸能プロダクション・田辺エージェンシー社長の田邊昭知氏と、極秘で会談を行っていたそうだ。

「飯島氏と田邊社長は、7月末に都内・セルリアンタワー東急ホテルで面会を行っていたと伝えられています。一部週刊誌の取材に『芸能(の仕事)はないです』と応じていた飯島氏ですが、それなのに“芸能界のトップ”と称される田邊社長とわざわざ会って話すということは、やはり何かしらの考えがあるのでしょう」(週刊誌記者)

 さらに同誌では、飯島氏が「完全引退」したのではなく、現在は「謹慎中」と見立てている。芸能界には「タレントは退社後、1年間活動を謹慎しなければならない」「活動こそ許されても、芸名は使用不可」という不文律が存在しており、飯島氏も裏方ながら、これにならっているという。

「飯島氏の“謹慎”はあと5カ月ほどで解けることになり、芸能界に戻ってくるとみられています。その際、木村以外のメンバーが飯島氏と合流することも考えられますが、それはまだまだ先の話でしょうね。彼らとジャニーズの契約が終わる来年9月末、即ジャニーズを退所しても、やはり同様に謹慎ルールが適応されてしまう。大物タレントほど、1年とはいわず、2~ 3年と謹慎期間が長くなることもありますしね」(芸能プロ幹部)

 果たして飯島氏は、どのような気持ちでこの“謹慎期間”を過ごしているのだろうか? そして再び、元メンバーたちと活動を再開する日は訪れるのだろうか?

『世界に一つだけの花』 「ジャニーズの女たち」第二幕が開きそう…… amazon_associate_logo.jpg
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!