芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

 妊活という言葉がすっかり定着している中で、冷えとり健康法や骨盤矯正、水素水など根拠もデータもない物件が活性化中ですが、さらに一歩深いところを眺めてみると〈産み分け〉という有名物件に出くわします。

 着床した受精卵が、男の子になるか女の子になるか。本来は神のみぞ知る世界でありますが、それをコントロールして親が希望する性別にしようという試みです。子どもの性別は2種ある男性の精子のどちらが卵子と受精するかによって決まるしくみになっていて、X精子とドッキングすれば女の子、Y精子なら男の子となります。その2種の精子はそれぞれ活動的になる条件や寿命が異なるため、そこを利用して希望する精子を卵子に送り届けようというわけです。

 こちらの記事でも宋美玄医師が語っているように、もちろんそんなことは不可能です。記事内で指摘されていますが、産み分けが叶うのなら、男子継承者が必要なロイヤルファミリーや梨園、働き手として男の子が欲しいけど国の決まりで1人しか産めなかった中国がとっくにやっているっつーの! あ、もちろん〈極秘情報だから出回らない〉とか〈倫理上やらないだけで実はできる〉等のお説は、遠慮させていただきますね。産み分け指導で超有名な某クリニックも、HPに〈産み分け指導やってまっせ〉という旨を一切記載していませんし、〈実はできない〉というご自覚をお持ちなんじゃないかと、にらんでいます。

 では絶対に絶対に不可能なのかと言われればそんなことはなく、上の記事にもありますが、体外受精後に受精卵の染色体を調べ希望する性別のものを子宮に戻すという方法があります。これは現在日本で禁止されていて、海外の一部の国で行われているもの。しかしこの医療行為は基本的に、重篤な遺伝性の病気を回避するために行われるものであることも、頭に入れておきましょう。

 精子を遠心分離器にかける〈パーコール法〉は日本でも可能な産み分け法ですが、こちらは日本産科婦人科学会によって科学的根拠ナシと発表されているので、これをやっているクリニックって激しく信頼できなそう。

◎巷のアヤシイ産み分け法

 ネット上では〈男性が水素サプリでアルカリ体質になると、男の子ができやすくなる(そもそもアルカリ体質ってなんでしょ)〉だの、〈女の子が欲しければ、男性が電磁波を浴びる(男の子になるY精子が破壊されるんですと)〉だの、妙なお説が出てきますが、まずは産み分け指導で有名な杉山力一医師の『女の子・男の子 生み分けBOOK―女の子が欲しい! 男の子が欲しい! の願いに応えます』(日本文芸社)から、基本となるお説をみてみましょう(産み分け指導はこれに統一されているわけではなく、それぞれの医師が自身の経験や知識から独自の方法を行っているようですが、これが最もポピュラー)。

■男の子が欲しい場合は?
排卵日ドンピシャに、女性が深くオーガズムを感じられるような〈濃厚かつ、挿入の深い体位でのセックス〉を行う。オーガズムを感じると膣からの分泌液によって膣内がアルカリ性に傾き、Y精子が活動しやすい環境になるからである。さらに女性が杉山医師おすすめの「リンカル」というカルシウム剤を服用していると、成功率アップ‼ 同書には「リンカルを飲んだ妊婦から生まれたのは全員男の子だった」とまで書いちゃってるけど、消費者庁から怒られたりしないの? これ。

■女の子が欲しい場合は?
排卵日2日前に、浅く挿入して即行終わらせる「あっさりセックス」を行う。膣内が酸性に保たれるので、寿命が短くかつ酸性の中では活動しにくいY精子だけが、卵子が出てくるまでにいなくなる。そしてそれぞれの環境を後押しするために、膣内のphをコントロールするための潤滑ゼリーが販売されている。

 以上が、基本的な考え方です。

 同書によると、産み分けを希望する人の圧倒的多数が女の子を望んでいるとのことで、となるとあっさりセックスが必須。ゼリーを仕込んで即射精というスタイルに不満を覚える夫が多いとのことで、そりゃそうだ~と大笑いです。

◎産み分けにこだわって、遠回りの妊活に

 さらに同書は産み分けに重要な排卵日を自分でチェックしようねというスタンスで、排卵痛や基礎体温表、おりものの粘度変化によって特定する方法を紹介しています。「生理が順調な方であれば、総合的に判断すれば80%の確率で排卵日を判断できる」とありますが、それって実際はかなりの特殊能力だと思うのですが。一般的な体外受精でも採卵のため排卵日を特定する必要が出てきますが、そちらは血液中のホルモン値などで測定されます。

 ところが産み分け班は、それらの方法を「どうしても正確な排卵日を知りたい場合は~」と、最終手段かのような雰囲気で紹介。産み分けに必要と謳われるサプリやゼリーはそこそこ高価ですし、そもそも狙った日以外は絶対に避妊することが条件ですので、産み分け法は妊娠そのもののチャンスが激減するのも特徴です。良心的な医師なら、少しでも時短を目指すんじゃないのですか? これってやっぱり、ただの商売?

 結局のところ、何をしても希望の性別が生まれる確率は50%、とそこそこ高確率ですし、もし希望がかなわなくても、生まれてしまえばそれなりに嬉しく忙しく、「どうしてくれるんだ!」なんて騒ぎにはまずならなそう(継承や文化の問題があるお国は一大事でしょうが)。

〈産み分けは根拠なし〉と指摘されているにもかかわらず、助産院や病院で未だ指導が行われているのは、妊娠出産の心理につけこんだ、罪深い商売なんじゃないでしょうか。

 ネット上の怪しげな商品では、「このお守りで恋人ができてたからくじにもあたって人生ウハウハ!」的なノリで「病院に行かなくても女の子ができた 奇跡の女の子産み分け術」というテキスト、ゼリー、音声ファイル(何が聴こえるんだろ)のセットが15,800円で販売されておりました。「成功率99.3%」ですって。ありえない~。

 一方スピリチュアル界の皆様は、この物件を〈性別を選ぶのは親のエゴであり、男か女かは子どもの魂が決めている〉と考えるよう。そして、杉山流の一見科学風な産み分け術と、スピ的な解釈をちゃっかり両方いただいちゃってるのが、胎内記憶の池川明医師! この夏、貞子と伽椰子がまさかの合体でえらい化け物になってしまったように、手におえない物件に育たないことを願います(願わなくても確実に育ちませんが)。

(謎物件ウォッチャー・山田ノジル)

関連記事
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!