公益社団法人全国保育サービス協会事務局次長・長崎真由美氏インタビュー

富士見市の事件はベビーシッターではない 子どもを安全に預けるために知っておくべきこと

富士見市の事件はベビーシッターではない 子どもを安全に預けるために知っておくべきこと

 2014年に起きた埼玉県富士見市のベビーシッター事件。幼い子どもの命を奪った残虐な犯行に世間から非難の声が上がったと同時に、ベビーシッターの安全性が疑問視された。しかし、ベビーシッターは、子育てと仕事の両立を助ける、働く女性の強い味方になることも確かだ。安全にベビーシッターを利用するためには、利用者がどういった意識と知識を持つことが大切なのだろうか。  ベビーシッター資格認定試験や研修会を実施する在宅保育サービスの専門である公益社団法人全国保育サービス協会事務局次長の長崎真由美氏に話を聞いた。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

富士見市の事件はベビーシッターではない 子どもを安全に預けるために知っておくべきことのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビューベビーシッター育児のニュースならサイゾーウーマンへ!