サイ女の朝ドラ通信

『とと姉ちゃん』プロデューサーの“自信満々”インタビューに「脚本チェックしろ」と批判噴出

ark160805.jpg
「連続テレビ小説 とと姉ちゃん Part2 (NHKドラマ・ガイド)」(NHK出版)

ニッポンのお茶の間をわかし続ける国民的番組“朝ドラ”――そのあらすじと視聴者からの反響を、サイゾーウーマンが週2回(火・金曜日)お届けします!

『とと姉ちゃん』(NHK 総合/月~土、午前8時) 幼くして父を亡くした小橋常子(高畑充希)が、「父(とと)」の代わりとして、母と妹2人を守りながら、怒涛の戦前・戦後をたくましく生き抜いていく物語。総合誌「暮しの手帖」の創業者たちの軌跡をモチーフにしている。

■8月13日(土)/114話~8月16日(火)/116話
 第114話は小橋家の次女・鞠子(相良樹)の結婚式の様子が放送された。花山(唐沢寿明)が夫婦関係の大切さを味噌汁にたとえて話せば、常子は鞠子との思い出を熱く語る。一部の視聴者が期待していた徹朗叔父(向井理)の登場こそなかったものの、「花山さんのスピーチはさすが」「常子の喜びとさびしさが伝わってきた」などの意見が上がった。

 だが、結婚式の余韻も冷めやらぬ中、ネット上ではある人物の再登場に注目が集まる。それが星野武蔵(坂口健太郎)。星野は植物学者を目指す帝大生(当時)で、常子とは結婚間近までいった仲。結局2人は結ばれず離ればなれになったが、女性ファンが多い登場人物だっただけに、再登場すると告知された瞬間から「来週は“星野祭り”だ!」と大いに盛り上がっていた。

 第115話では星野の子どもたちが登場するも、本人は出ず。それでも相変わらず注目度は高く、「植物が大好きな星野さんが息子を大樹、娘を青葉と名づけたのは納得」「奥さんはもう亡くなっているの? 常子との恋は? 気になる」などの声が飛び交った。第116話では、常子が「あなたの暮らし」の企画として「商品テスト」を提案、三女・美子(杉咲花)の恋人・南大昭(上杉柊平)が登場するなど見どころが多かったものの、肝心の星野はまたしても登場せず。「まだなの?」「焦らしすぎ。早くして」とやきもきしている視聴者も多い。第117話で遂に登場となるか?

 また第114~116話が放送された間、ネット上で注目が集まった出来事がもう1つある。それが『とと姉ちゃん』のプロデューサー・落合将氏のインタビュー記事。批判が多い脚本について自信を持って語っていたため、ネット上では「あの脚本にして、このプロデューサーあり。物語の質の悪さは必然か」「“『暮しの手帖』はモデルじゃなくてモチーフ”と話しているけど、だったら何をしてもいいわけじゃない」「脚本家とプロデューサーが『暮しの手帖』を汚した」「時代考証が甘い。脚本をチェックしろ」など批判的な意見が相次いだ。

 これまで脚本に批判が集中した際、状況を好転させたのは、主に五反田一郎(及川光博)や花山などの男性陣。星野の再登場も特効薬となるか? 次回以降も見逃せない展開が続く。

朝ドラブーム、あと何年続くんだろうね~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  7. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  8. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  9. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  10. “消えたAKB48”河西智美は今
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  14. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  15. 江角と対照的、広田レオナの不倫報道
  16. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  17. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  18. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇
  19. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!