あれから11年前

“消えた朝ドラヒロイン”、濡れ場&セクシー写真集で再起も……レビュー欄は「だまされた」!?

murakawaeri.jpg
村川絵梨オフィシャルサイトより

 NHK連続テレビ小説のヒロインに抜擢を受けた女優たち――その後の人生は明暗くっきりである。最近では、『まれ』(2015年前期)の土屋太鳳や、『あさが来た』(15年後期)の波瑠らがブレークを果たしたほか、現在放送中の『とと姉ちゃん』のヒロイン・高畑充希も、朝ドラ終了後、多くの主役級オファーが殺到しそうな気配だ。

 しかし一方で、朝ドラ後、伸び悩むヒロインが多いのも事実。その1人が、村川絵梨である。村川は01年から、アイドルユニット「ai☆ai」「なにわキッド」「BOYSTYLE」として活動し、04年11月公開の映画『ロード88 出会い路、四国へ』で女優&主演デビュー。そして05年後期の朝ドラ『風のハルカ』のオーディションに参加し、ヒロインに抜擢され、ドラマ初出演にして主演を務めた。

 所属事務所が大手のアミューズとあって、映画、ドラマともにデビュー作で、いきなり主役に起用されるシンデレラガールとなったが、その後は伸び悩み、徐々に端役しか回ってこなくなった。昨年11月18日にNHK BSプレミアムで放送されたNHK山形放送局の山形発地域ドラマ『私の青おに』で主演を務めたが、ドラマでは『風のハルカ』以来の主演だった。

 その村川が、再浮上を懸け、“裸”で勝負をかけてきた。8月6日に公開された映画『花芯』で、実に12年ぶりの映画主演に抜擢を受けたのだ。

 同映画は、瀬戸内寂聴氏の小説が原作。1957年の発表当時、文中に「子宮」という言葉が多数使われていたことから、寂聴氏は“子宮作家”のレッテルを貼られ、長く文壇的沈黙を余儀なくされた衝撃作だ。村川が演じる主人公・園子は、親が決めた許婚(林遣都)と結婚し、息子をもうけながらも、夫の上司(安藤政信)に恋をするという役柄。園子は次第に肉体の悦びに目覚め、世間の常識に背を向けながらも、子宮の命ずるまま生きることを選び生きていく……という物語だ。

 これまで、“清純派”のイメージを貫いてきた村川だが、この映画の主役を務めるにあたり、ヌードと大胆な濡れ場に挑戦している。同映画の公開と時を同じくして、村川は3日、ファースト写真集『Miles Away』(ワニブックス)を発売し、セクシーショットを披露。しかしAmazonでの売れ筋ランキングは、「タレント写真集」部門で67位(15日午後8時現在)と、話題性の割にはイマイチの売り上げ。購入者のレビューを見ると、「だまされた」の声が目立ち、“過激さ”を求めたファンの期待を裏切った様子なのだ。

 朝ドラからはすでに約11年の月日が経過。消えかかったヒロイン・村川の挑戦は、今後の女優人生に功を奏すのだろうか?
(森田英雄)

のんは11年後どうなっているのかしら?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  9. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  13. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  14. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  15. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 『カウコン』意外な舞台裏
  19. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?
  20. “意外すぎる”不倫常習犯タレント

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー