• 『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』で一躍有名になった女性向け風俗店「レズっ娘クラブ」の苦節10年史 オーナー・御坊氏インタビュー【前編】

『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』で一躍有名になった女性向け風俗店「レズっ娘クラブ」の苦節10年史 オーナー・御坊氏インタビュー【前編】

コミックエッセイ『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』(永田カビ著/イースト・プレス刊)が、刊行から約2カ月で5刷というヒットを記録している。著者・永田カビ氏が訪れた「レズっ娘クラブ」は、今年で10年目となる、業界でも珍しい息の長い女性向け風俗店だ。ここまで愛され続ける理由はどこにあるのだろうか? 創立者である御坊さんに、史上初となる顔出し取材をお願いした。インタビュー前半では「レズっ娘クラブ」開業から現在までの経緯を伺う。(インタビュアー・構成/牧村朝子)

――ブログを拝見していると、きちんと法令遵守されているお店なのに、メディアからいかにも裏社会みたいな書き方をされているんですね。きっと「どういうお店なんだろう」と不安に思っている方も多いと思います。そこで今回は、「レズっ娘クラブ」をどういう人がやっていて、どういうサービスをしているのかを伺いたいと思っています。最初に「レズっ娘クラブ」は、どんな方がどんなことを楽しめるお店なのか教えていただけますか?

御坊さん(以下、敬称略):18歳以上の女性の方が、女性のキャストとデートができたり、ホテルに行っていわゆるレズビアンセックスができたり、というものですね。

―― 18歳以上の女の人が、女の人と色々楽しいことできるよ……っていうことでいいんでしょうか?

御坊:そうですね。

――なぜお店を立ち上げたられたのでしょうか? 御坊さんお一人で始められたのですか?

御坊:2006年頃、僕が20代半ばのときに、脱サラしてホームページ制作を始めたんですね。その中で、風俗店のホームページ制作の依頼があったんです。当時の風俗店さんは、どこの会社にもホームページ制作を断られてたんですよ。でも僕は「職業にナントカなし」ってことで、全部受けていました。そうやって色々な仕事を受ける中で、あとあと一緒に店を立ち上げることになるメンバーと出会ったんです。

独立してけっこうギラギラしてたんで、「いろんなことしたろ!」って、風俗店を始めようかなと思ったんです。でもホームページ制作業で男性向け風俗店をお客さんにしてたんで、かぶらないようなお店といえば……女性向け風俗店や! と。当時、女性向け風俗店は、都内に2件と、名古屋に1件あったくらいで、大阪にはなかったんです。「あ、今や!」と思って、すぐできましたね、1カ月ぐらいで。

――開業してからは順調だったのでしょうか? お店を経営するノウハウは事前に勉強されていたんですか?

御坊:けっこう、もう、行き当たりばったりでした。最初の1~2カ月は、今と違ってルールもなにもなくて。キャスト(※従業員)同士が、もう、ハッテン場か! ってくらいイチャイチャしてたりとか(笑)。

ただね、風営法の届け出はきちんとしてましたね。「女性同士の風俗店なら届け出はいらん」って言われたけど、出していました。風営法って異性へのサービスを前提にしているんですよね。

キャストはガンガン集まりました。求人応募の電話が1日5~6本はありましたね。それで、お客さんのほうは……1週間で0人。2週間目になってようやく3人でした。僕は狭い事務所の狭いデスクで、背後から、こう……キャストのキツ~い視線を浴びながら待ってました。で、やっと電話かかってきた! と思ったら、求人応募やし。ははは。

なので、ネットの掲示板サイトに広告を出したんですけど。そしたらそこの掲示板に、「このお店を利用したらキャストに財布抜かれた!」とか書かれて。いや、そんなワケないやろ……お客さん、まだ誰も来てませんでしたから(笑)。

(一同爆笑)

――窃盗疑惑にはどのような対応を取ったんですか?

御坊:その場で掲示板に書き込みましたね。「そんなことないですよ」って。ハイ。そしたら「やってないっていう証拠は!?」って。「警察に言ってください」って返事したんですけど。

あとあと知ったことなんですけど、実はうちより前に大阪でレズ風俗やってらした方がいて。で、そこも、ネットに「財布抜かれた!」って書かれてるんです(笑)。書き込みしたのは同じ人やと思いますね。あー、これ、ウチもやられたことある! と思って(笑)。今でも、僕が直接掲示板で対応することありますよ。その度に「降臨!」とか言われてます。

――その、降臨が功を奏したのか……? どれくらいでビジネスとしてまわりはじめました?

御坊:ここ4、5年じゃないですかね。

――それまではどうなさっていたんですか?

御坊:他の仕事もしながらでしたけど、ほんと、両方しんどくなってきたりして、何回も潰れかけてますよ、うちの店は。これ、今やから言えますけど、何年か前、ほんまにムチャクチャやったんです。電気止められたりとか、家賃滞納して、最終的に追い出されたりとか……ははは! 「西日本唯一のレズ風俗だからもっと儲かってるはず」って、税務署からガサが入ったこともあるんですけど、向こうが思っていた利益よりケタがひとつ少なかったみたいです。情けないことにそれだけ儲かっていなかったんですよね。『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』が出てから、レズ風俗が増えているみたいですけど、「そんな甘くないぞ」って思ってます(笑)。

何回も潰れかけた中で、今でもトラウマのエピソードがあって。もともとキャストが非番だったときに、「ホームページの作り方教えたるよ」って言ってたんです。その一環で、キャスト兼スタッフっていうのを入れて、仕事を任してたんです。ある日スタッフ帰った後にパソコン開いたら……「事業計画書」とかいうのが出て来て(笑)。今までのノウハウとかキャスト、ごっそり抜かれそうになってたんですよ。顧客データは渡さなかったんで、よかったですけど。そこからもう、スタッフとか雇ってないですね。

――家賃も払えない、スタッフに裏切られる……そんな辛い時代から抜け出したきっかけは?

御坊:そうですね、いいキャストが入って来てたっていうのと、あと、姉妹店として「レズ鑑賞クラブティアラ」ができたっていうのもあったかな。こちらだと、一部のコースで、男性のお客さんも鑑賞っていう形で利用できるので。要は、風俗を利用することに対して、女性より男性のほうが、壁が低いからだと思いますね。

――女性だって風俗行きたい人はいますよね。

御坊:そこ、書いといてください(笑)

――男性も利用できる姉妹店ができて、やっとビジネスが回り始めて……そのあと、なにか大きい出来事はありましたか?

御坊:お店の半分くらいの売り上げを誇るような人気キャストが辞めたことですね。

その子は3年間いたんですけど、まあ、僕がつけたあだ名は、「告白される率ナンバーワン」(笑)。お店のルール上、告白NGなんですけどね。すごかったです。お泊まりコースで旅行に行ったり、東京に何回も遠征したり。

だから、その子が辞めるってなった時は、お客さんみんなに会えるように、5カ月ぐらい前に発表したんです。もう、ばーっと予約埋まって。で、辞めた後売り上げがガーンと減って……売り上げの半分を占めてた子やからね。だから「家賃どないしよ……」みたいな。

そう思ってたらそのあと、pixivで、永田カビ先生が「女が女とあれこれできるお店へ行った話」ってウチの店のことをマンガに描いてくださったんです。それが『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』として書籍化したんです。1カ月で4刷のヒットになって。それで、やっとこう……また笑ってしゃべれるようになりました(笑)。

――よかったですね。神は見捨てなかったですね。

御坊:ほんまに。タイミングが。

――鳴かず飛ばずの3、4年間の中で、やめようとは思いませんでしたか?

御坊:「なんのためにやってるんやろう」と思ってましたよね。でも、意地でやってましたね。今も意地ですけど。ハイ。

ー―意地なんですね。

御坊:意地です。立ち上げたからには、レズビアン風俗の中で1番でやりたいなと思って。……まあ、1番でしょうけど(笑)。

もともとビジネスチャンスだと思って仕事として始めたんですけど、蓋を開けたらレズビアンの方だけがお客さんじゃなかったんですよね。最近「お客様アンケート」を取ったら、常連のお客さんのうち「レズビアン」と答えた方がだいたい30%、バイセクシャルと答えた方が40%で、あとはわからないと答えていたんです。思った以上にニーズがあることを知りましたね。

――珍しい「女性向け風俗店」だからこそ、「私が行ってもいいのだろうか」といった不安を抱えている方も多いでしょうし、「レズビアン 風俗」と検索することをためらう人もいると思います。決して怪しいお店じゃないことは読者にも伝わっていると思うので、このあとは「レズっ娘クラブ」の楽しみ方をお聞かせください。

※「レズっ娘クラブ」と「テロファクトリー」のコラボTシャツを読者にプレゼント! 詳細はインタビュー後編にて。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク