ファンは立ち直れなさそう……

薬物疑惑の国民的グループのメンバーXとは? モデルが“ヤリ部屋”で錠剤を渡された過去も!?

1608chusha3.jpg
Photo by Anderson Mancini from Flickr

 元プロ野球選手の清原和博が逮捕されて以降、俳優、アーティストと薬物疑惑が浮上する著名人は後を絶たない中、今のところネット上などではウワサになったことはないものの、一部マスコミ関係者の間で「確実に常習者」と名指しされる人物がいるという。それは、“国民的”と言っても過言ではない音楽グループのメンバーXで、薬物疑惑以外にもキナ臭いウワサが飛び交っているようだ。

 Xは、幅広い世代から支持を得る人気アーティスト。過去、一部で「スピリチュアルへの傾倒」が伝えられたこともあった。

「所属事務所関係者は、Xの素行に疑問を抱きつつも、身内の中でもトップクラスの権力や影響力を持つだけに、見て見ぬふりしかできない現状。ある週刊誌はXの薬物依存、大麻や覚醒剤などの使用疑惑を嗅ぎつけ取材に動いていたようですが、結局報道には至りませんでした」(週刊誌記者)

 そんなXに関しては、女性関係の派手さも、関係者の頭痛の種になっているそうだ。

「こちらも公に報じられたことはありませんが、若手モデルなど、それこそ芸能人の卵のような美人ドコロのセフレが何人もいるようです。Xは事務所が用意した部屋を自由に使えるとかで、そこが“クスリ兼ヤリ部屋”となっているそう。雑誌に何度も登場したことのあるモデルは、その部屋でXの本性を知ることになったそうです」(芸能プロ関係者)

 女性モデルは知人の紹介でXと知り合い、意気投合してすぐに関係を持ったという。そこで前出の部屋に招かれたというが――。

「ただの性行為にとどまらず、『合法だから』と何らかの錠剤を手渡された。彼女は飲んだふりをして捨ててしまったそうですが、その後気になってネットで調べてみたところ、そのドラッグを使用して逮捕された芸能人がいることを知ったそうです」(同)

 こうしたXの悪行が事務所内外にまで漏れ伝わっている今、Xが逮捕されるとなれば、ほかのメンバーや所属事務所、そして多くのファンを悲しませることとなるのは想像に難くない。果たして、Xの悪行が明るみに出る日は来るのだろうか?

「ああ、まぁ確かにちょっとアレだもんね」という感想

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  16. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  17. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと