真夏の最恐ラブホラー! 彼を誘って体験されてはいかがでしょう?

幽霊を馬鹿にすると痛い目に遭う!? ラブホテルスタッフの恐怖体験

lovehorror5_mini.jpg
Photo by Norio NAKAYAMA from Flickr

 ラブホテルの清掃員をしている大塚が体験した&同僚から聞いたコワーいラブホ怪談をご紹介します。

【第5話 祟り?】

 どの業界にも、イジワルな人っていますよね。当ホテルはのんびりしてる人が多いのですが、それでもイジワルというか感じ悪い人はいて、大抵すぐに辞めていきます。大学を中退してあちこちでバイトしてきたというイケダくんもそうでした。

 で。今回は3階のあるお部屋のお話。ラブホのお掃除でタイヘンなのは、備品の補充と浴室のお掃除です。意外かもしれませんが、危険物(汚物ですね)処理はけっこう慣れますし、いちいち「キャー! 汚い」とか言ってたらお仕事になりませんからね。

 そして、浴室のお掃除のなかでも結構タイヘンなのが、拭き上げです。結露を残さないようにスクイージーで拭き、専用の拭き上げタオルでキュキュッと拭きます。きれいにできた時は拍手したくなるくらいです。まあ天井などはタイヘンなので、若手の背の高い子になるべくお願いしています。

 でも、お部屋によっては、「見えない誰かさん」にイタズラされることもあります。それが3階にありました。お掃除を終えて最後にカギをかけようとしたら、浴室から「ぴちょん」と音が聞こえました。

 「でえええ? なんで水?」と慌てて飛んでくと、もちろん水滴は出てないし、拭き上げた浴槽や床タイルはピカピカです。「気のせいかな」と思って出ていこうとすると、また「ぴちょん」。スタッフもみんな同じ経験をしていて、「あの部屋、なんだろうね?」となっていました。

「あー、それって幽霊ですね、よくいますよ、フッフッフ」

 イケダくんは、いつもそういう感じで単に怖がる人をバカにしていました。

「幽霊とか軽々しく言わないでよ。怖がる人もいるのよ」

 マキノさんに叱られても、どこ吹く風。でも、そのイケダくんは今年のバレンタインデーを過ぎたあたりから、なぜか「非常階段にオンナがいる」と怯えるようになりました。若い女性が階段の脇にうずくまっていたり、踊り場に浮かんでいたりするのだそうです。

「そんなもん、いねーよ、バカ!」

 常にコワモテのタカノさんにくっついて移動するようになり、うざがられていましたが、ケガを理由に辞めると連絡がありました。

 3月の雨の夕方、イケダくんは非常階段の2階から1階まで落ちてしまいました。幸い、骨折はしてなかったそうですが、「3階の踊り場に女性がいて、こっちに来たので、逃げようとして滑った」そうです。

 ちなみに、イケダくんが辞めたあとは、なぜか「ぴちょん」が消えました。どうやらイケダくんが持ってってくれたようです。

大塚(おおつか)
都内某所のラブホで働く現役清掃員。R-ZONEと月刊誌「週刊実話ザ・タブー」(日本ジャーナル出版)で清掃員の日常を連載中。

こっちの「ぴちょん」ならよかったのに

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  8. 『カウコン』意外な舞台裏
  9. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  10. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  11. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  12. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  15. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  18. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー