芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

真夏の最恐ラブホラー! 彼を誘って体験されてはいかがでしょう?

【関連ワード】

ラブホテル

怪談

lovehorror5_mini.jpg
Photo by Norio NAKAYAMA from Flickr

 ラブホテルの清掃員をしている大塚が体験した&同僚から聞いたコワーいラブホ怪談をご紹介します。

【第5話 祟り?】

 どの業界にも、イジワルな人っていますよね。当ホテルはのんびりしてる人が多いのですが、それでもイジワルというか感じ悪い人はいて、大抵すぐに辞めていきます。大学を中退してあちこちでバイトしてきたというイケダくんもそうでした。

 で。今回は3階のあるお部屋のお話。ラブホのお掃除でタイヘンなのは、備品の補充と浴室のお掃除です。意外かもしれませんが、危険物(汚物ですね)処理はけっこう慣れますし、いちいち「キャー! 汚い」とか言ってたらお仕事になりませんからね。

 そして、浴室のお掃除のなかでも結構タイヘンなのが、拭き上げです。結露を残さないようにスクイージーで拭き、専用の拭き上げタオルでキュキュッと拭きます。きれいにできた時は拍手したくなるくらいです。まあ天井などはタイヘンなので、若手の背の高い子になるべくお願いしています。

 でも、お部屋によっては、「見えない誰かさん」にイタズラされることもあります。それが3階にありました。お掃除を終えて最後にカギをかけようとしたら、浴室から「ぴちょん」と音が聞こえました。

 「でえええ? なんで水?」と慌てて飛んでくと、もちろん水滴は出てないし、拭き上げた浴槽や床タイルはピカピカです。「気のせいかな」と思って出ていこうとすると、また「ぴちょん」。スタッフもみんな同じ経験をしていて、「あの部屋、なんだろうね?」となっていました。

「あー、それって幽霊ですね、よくいますよ、フッフッフ」

 イケダくんは、いつもそういう感じで単に怖がる人をバカにしていました。

「幽霊とか軽々しく言わないでよ。怖がる人もいるのよ」

 マキノさんに叱られても、どこ吹く風。でも、そのイケダくんは今年のバレンタインデーを過ぎたあたりから、なぜか「非常階段にオンナがいる」と怯えるようになりました。若い女性が階段の脇にうずくまっていたり、踊り場に浮かんでいたりするのだそうです。

「そんなもん、いねーよ、バカ!」

 常にコワモテのタカノさんにくっついて移動するようになり、うざがられていましたが、ケガを理由に辞めると連絡がありました。

 3月の雨の夕方、イケダくんは非常階段の2階から1階まで落ちてしまいました。幸い、骨折はしてなかったそうですが、「3階の踊り場に女性がいて、こっちに来たので、逃げようとして滑った」そうです。

 ちなみに、イケダくんが辞めたあとは、なぜか「ぴちょん」が消えました。どうやらイケダくんが持ってってくれたようです。

大塚(おおつか)
都内某所のラブホで働く現役清掃員。R-ZONEと月刊誌「週刊実話ザ・タブー」(日本ジャーナル出版)で清掃員の日常を連載中。


オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!