芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

【関連ワード】

週刊ヒトコト斬り

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

hukuyamamasaharu0001.jpg
スポーツと福山、取り合わせ悪いだろうに

◎迷走の始まり
 テレビ朝日系のリオオリンピック番組のテーマソングを歌う福山雅治。曲提供はわかるが、「スペシャルキャスター」なんつって現地スタジオ入り。これまでは「特別記者」「カメラマン」という、別枠からほんのちょっとだけ顔を見せて有難味を振りまくスタイルだったのに。メインキャスターの松岡修造の隣に着席し、進行のための上滑りな会話にも参加。誰と一緒だろうが自分スタイルを1ミリも変えない松岡修造のせいで、一緒にカメラに向かって「届け、勇気!」とフリつきで叫ばされたりしてた。

 御簾の向うから、もったいつけて時おり顔を覗かせることで、有難味を吊り上げる方式でうまく回っていた今までの福山。しかし、人気の下落に焦ったのか、最近なんだか砕けたサービスが目立つ気が。本人サイドは、「過ぎる神格化をやめ、もっと親しみやすくシフトチェンジ」というつもりなのかもしれないが。傍目には単なる「値下げ断行」にしか見えない。「おみきり品」の赤札ベッタリ。

 実際、ギャラとか本当に下がってそうだしな。底値はどこだ。どんな形だ。

◎第二弾に期待
 相模原障害者施設殺傷事件を受け、急遽特別番組を放送した『バリバラ』(Eテレ)。唯一「当事者側」の視点で事件を検証できる番組として、ここでしか聞けない本音もいろいろ出ていたのであるが。一番聞きたかったの、「被害者匿名報道」についてだったんだがなぁ。是非じゃなくて、当事者側からの意見。

 しかし番組はそこにはまったく触れず。あえてなのか、急ごしらえでそこまで回らなかったのか。

 ……あえてではないことを祈って。

◎事件から学ぶこと
 大麻で再逮捕された元チェッカーズの武内享の長男。わざとなのか、何かの副作用なのか。あの髪形のその後が、とうとう明らかになる時が来た。

 この件に関して、世間の興味はそのくらいだ。どちらにしても、クスリは怖い。


mishuran.jpg
今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!