その他

アン・ハサウェイ好きもアンチも寄っといで! 映画『マイ・インターン』DVDプレゼント

myintern.jpg
『マイ・インターン』/ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

 『ホリデイ』(2006)などをはじめ、さまざまなラブコメを手がけてきたナンシー・マイヤーズ監督が手がけた昨年公開の映画『マイ・インターン』。会社で上司からドヤされている働く女たちの涙腺をガバガバにした映画『プラダを着た悪魔』の続編的作品といわれ、日本でも話題になりましたよね! 今回は『マイ・インターン』のDVDをプレゼントにご用意しました。早速あらすじをチェックしていきましょう。

 ファッション通販サイトの会社を興し成功、その上、娘とイクメンの旦那もいて、一見完璧な人生を送るかに見えるジュールズ(アン・ハサウェイ)は、ある“危機”に瀕していた。そんな折、ジュールズの会社では、社会慈善事業として高齢者インターンを雇うことに。退職後、生きがいを求めて趣味に勤しんでいたベン(ロバート・デ・ニーロ)は街角でその張り紙を見つけ応募、みごと採用され、ジュールズ直属のインターンとして働くことが決まった。70歳のベンはパソコン作業もままならず、初めはジュールズもイラついていたものの、ベンの熱心に働く姿や人柄に誰もが惹かれていき、ジュールズも彼に心を開くように。“人生の先輩”とともにジュールズは危機を回避できるのだろうか?

 『プラダを着た悪魔』に引き続き出演するアンは、空気が読めない、腹黒そう、全てが演技がかってるなど、“hathahaters(アン・ハサウェイ大嫌い)”なる言葉ができるほどアンチが多いことでも有名。本作には、オフィス内をチャリンコで走るなど、いかにも「デキる女」ふうの演出が散りばめられているだけに、アンチ心を刺激してしまいそうです。ただ、デ・ニーロの投入によって全体としてはほっこりする仕上がりに。どこの学校にも1人はいた、おじいちゃん先生のような雰囲気に癒やされること間違いなしの1本です。
 
 今回は『マイ・インターン』のDVDを3名の方にプレゼント。「アンは私のあこがれ」という人だけでなく、「結婚後おとなしくしているアンを引っ張り出してイラつきたい」という人も、皆さんご応募お待ちしてま~す!

応募は締め切りました

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク