【連載】ヤリマン女の性生活報告

「風俗を浮気と思わないでほしい」3万人と経験したAV女優のセックス観

第1回 風俗嬢・AV女優 有奈めぐみ(後編)

(前編はこちら)

■普通のお仕事の人たちの方が、1回のセックスへの思い入れは強い

arinamegumi2_mini.jpg

 自らの欲望を最優先するヤリマンの中にあっても、飛び抜けた経験人数を持つ有奈めぐみ。前編ではライフストーリーを綴ったが、後編では具体的に彼女のセックス観を探ってゆきたい。それがわかりやすいのは、“ソープランドでは働けなかった”というエピソードだ。彼女いわく、セックス(本番)を仕事にすることだけは受け付けなかったという。

「“誰とでもできるんだから”って思って、20歳の時にソープランドに挑戦してみたら、ダメでしたね。仕事の内容も違うし、すぐ音を上げてヘルスに戻りました」

――非本番風俗と、何が違うんですか?

「ソープランドにいたら、全員とヤラなきゃいけない。乱暴な客でもなんでも。それが苦痛だったし、私は選択権が自分にあるのがいいんだと思う」

 ヤる、ヤラないは自分次第。「父親の所有物だった」という嫌悪感が根底にあるからなのか、彼女は男に所有されることを徹底して嫌う。そして、彼女をはじめとした《捕食者としてのヤリマン》の象徴的なスタイルとして、“同じ人と2回セックスしない”という法則がある。“誰とでもセックスする”というのは、1回目に限っての話。つまり、「恐ろしく1回目のハードルが低い」というのが《捕食者としてのヤリマンの条件》と言ってもいいだろう。

 たとえば、今回の有奈の場合、「2回セックスするのは、全体で2割くらい」とのこと。1回目のセッションでヤリマンのお気に召された男だけが、2回目へと進んでゆけるのだ。その意味でいうと、1回目のセックスは顔見せであり、テストであり、試食である。選択権は、はっきりと女性の側にある。

「私たちのような人より、普通のお仕事の人たちの方が、1回のセックスへの思い入れは強いと思う。風俗に来る普通の人たちっていうのは、そこですごい求めるものがあるよね。どうしても、ストレスのはけ口をセックスに求める。私は“あれしてくれ”“これしてくれ”って自分の欲求を言わないで、相手のことを品定めする。私のように風俗嬢とかヤリマンだと、数も見てきてるし、“別に今言わなくても、次の人で当たればいいな”って思う」

 彼女のようなヤリマンからすれば、目の前の相手に求めなくても、それを実現できるほかの誰かがすぐにやってくるのだ。全ての男は、彼女の女性器へ向かうベルトコンベアの上に載っているという感覚といおうか、それは男性を個体ではなく、総体で考えているともいえる。果たして、そこまで達観していて、セックスを楽しめるのだろうか?

「もちろん、セックスは今でも楽しいですよ。“全部を求めない”っていうのは相手にであって、自分は手を抜かないですよ。でも、ハプバーや乱交の時は手を抜くかな」

ヤリマンの道は奥が深い

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  15. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  16. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  19. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー