【醜聞!世界の女性富豪家】

中国が生んだ26歳の大富豪、「知性と美貌を備えた億万長者」に“憎しみ”の声が降り注ぐ

大富豪、億万長者、大資産家――「フォーブス」世界富豪ランキングの上位には、女たちの名も少なくない。彼女たちが手にした誰もが嫉妬すると成功と、醜聞のスキャンダルを紹介する。

Perenna.jpg
画像はBaiduより

[File.05]
ペレンナ・ケイ
(紀凱婷)Perenna Kei

経済力★★★☆☆
ゴシップ力★★★☆☆
男性人気★★★★★
オシャレ度★★★☆☆
カリスマ性★☆☆☆☆

国籍:香港
年齢:26歳
役職:龍光地産非常勤役員
学歴:ロンドン大学経営学部卒
総資産:1.3億ドル(約131億円)
配偶者:なし(カレシあり)
2016年「フォーブス」世界富豪ランキング:世界最年少億万長者ランキング1位(14年度「家族・親族からの相続」部門)

◎知性と美貌を備えた大富豪に、全中国男性が歓喜
 ペレンナ・ケイは、香港を代表するエステートカンパニー、平たく言えば不動産会社の娘である。香港の対岸、中国大陸の玄関口である経済特区シンセンの開発で財を成したローガン・プロパティ・ホールディングス(龍光地産)のCEO、紀海鵬を父に持つ大富豪だ。

 父から会社の株式85%を贈与された2014年、毎度おなじみ“ゲス系”経済誌「フォーブス」から「今年度の世界で最も若い億万長者」ナンバー1の称号を授けられた。この称号にもいろいろな部門があるが、ペレンナが輝いたのは「家族・親族からの相続によって金持ちになった人々」ランキング。ぶっちゃけて言えば「親の七光り部門」である。

 しかし彼女の龍光地産における役職は、「非常勤役員」である。ほとんど勤務することはなく、社内でも「見たことがない」「顔すら知らない」「通常の業務どころか、社内のイベントにすら出てこない」のに高給を食んでいることに不満の声は大きいという。親の豊かすぎるスネをかじる、上級ニートといったところか。

 そんな悪評もあって、「フォーブス」の発表は人々の興味を引いた。一体どんな女なのか。香港および中国で、ペレンナの「人肉検索」(ググりまくること)が始まった。とくに画像検索だ。しかし中国語のサイトでは、断片的なプロフィールしか出てこない。
 だが、そこであきらめる中国人ではない。英語であれこれ調べたところ、とうとう超名門ロンドン大学に在学していた頃の、彼女の写真が発掘された。

世の中にはB専女子だっているんです!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  17. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー