すでに尿検査も??

東スポ「シャブ中疑惑」の芸能人夫婦とは? 「収録中ろれつ回らず」「すでに尿検査も」!?

1608chusha2.jpg
Photo by Urban Seed Education from Flickr

 2日発行の「東京スポーツ」で、またしても芸能人の新たな“シャブ中疑惑”が報じられた。夫・X、妻・Zともに芸能界の人間で、広く名を知られた存在だという。特にXは、テレビ番組をはじめとして、毎日のように露出をするほどの有名人というが、彼らの名前は一部で「相当ヤバイ」とささやかれ続けてきたそうだ。

「Xについて“ヤク中”などと報じられたのは、恐らく初のこと。芸歴も長く、もともとは俳優ですが、バラエティ番組でも注目を集め、いまや老若男女誰でも知っている超有名人です。ただ、業界内のウワサ話としては、それこそかなり前から薬物疑惑がささやかれていました」(スポーツ紙記者)


「東スポ」によると、Xはここ数年、あるパーティーで前後不覚になって大暴れ、また合法ドラッグの使用中に警察から尿検査を受けさせられたなど、物騒な情報ばかりが付きまとっていたという。さらにZは、夫以上に薬物に精通しており、依存症に陥ってしまった著名人たちとも交流があったそうだ。

「ASKAや清原和博が逮捕された際に、Zは警察から事情聴取を受けたという情報も。しかし芸能界的に見れば、ZよりXの方が圧倒的に知名度が高いため、Xの薬物疑惑の方に注目が集まっています。ちなみに、警察沙汰に関しては事実のようで、週刊誌が裏取り取材に動いたこともありました」(同)

 独特なキャラクターからバラエティに出演する機会も増えているXだが、収録で同席したある芸能プロダクション関係者も「やはり彼は……」と現場の空気を振り返る。

「詳細は伏せますが、共演者の言動をめぐってXが大激怒したことがありました。確かに少々悪ノリしてしまったとは思いますが、Xは本人やプロデューサーの謝罪も聞き入れず、カメラの前で共演者を罵倒し続けたんです。途中ろれつが回らなかったり、かと思えば突然無言になったりと、その異様な立ち振る舞いに誰もが絶句していました」

 こうしたウワサはすでに業界中に広まっているそうで「ある大物俳優も『Xは間違いなくクスリをやっている』と断言、共演NGに指定しています」(同)という情報も。X、Z夫婦の実態が、今後明るみになる日は訪れるのだろうか?

薬物を毛嫌いするタイプだと思ってたのに~!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  17. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと